FC2ブログ

「ブロークバック・マウンテン」

ブロークバック・マウンテン
―カテゴリーの「映画だい好き」では、映画の感想というよりは映画の思い出などを好き勝手に書いています。―


ブロークバックマウンテン



1月23日に映画館で観た感想を続けて載せてきたが、この日、映画館から帰ってきてPCを付け、映画のサイトをチェックしようとしたら、「俳優ヒース・レジャー死亡」の文字が・・・・


その時感じたものは、この人が好きだった方と共通の大きな驚きだったと思う。
私は人を「好きだな。」と感じても、ゆっくりと大好きに変わっていくタイプなので「パトリオット」で好感度は高くても、その名前すら覚えようとは思わなかった。


 まだ、家の近くにシネコンなどなく、今ほどは気軽に映画館には行けなかった頃、何かに載っていた評論に「今なぜ男同士の愛が熱いのか。」と「ブロークバックバック・マウンテン」を紹介するものがあった。
 私の青春時代の漫画と言えば少年愛の全盛期だった。いや、もしかしたら今と言う時代もそうなのかもしれない。確か少し前に本屋でそういうコーナーまであるのを見て、吃驚したことがある。それはともかく、真実の愛は他の者が入り込む事の出来ない、禁断の関係にしかないように思っていた時代があった。ゆえに、今でもそういう解説には弱い部分があって、是非観に行きたいと思っていたのに叶わなかった映画である。


 そして私はこの映画のことを忘れていたのだった。

ところが昨年、私は珍しくストーリーのある夢を見た。若い頃は日々毎晩見ることが出来た奇想天外な映画の様な夢も、年を取り生活に追われ感性が枯れて来ると、あまり見ることがなくなってしまった。でもその夢は、青年の切ない愛の夢だった。夢なので奇妙なストーリーだったが、目が覚めても私は切なくて、ぼんやりしていた。

そんな時、ブログのお友だちのところでこの映画の記事を読んだのだった。俄然その映画が見たくなってしまった私は、即DVDを借りに走ったのだった。


 そして、私はその切ない愛の物語に涙した。


だけど、私はこの物語の感想を書くことが出来なかった。一つには友人の書いた感想が、ほぼ私の感想だったというのもある。いつもなら映画を見た後、影響される事を避けるために他の人の感想を読まないで、感想を書くことが多い。でも、このように誰かの感想や、盛り上がったコメントなどを読んで映画を見た場合、書き辛い。
でも自分の感想なのだから、似たようなものであっても書けばいいようなものなのだが、このシーン、あのシーンでハラハラ泣いていたら、書き逃してしまっていた。



スターチャンネルにて追悼として、その週の日曜日にこの「ブロークバック・マウンテン」を放映していた。私は見る予定でいたのに、夫は違う番組を見ていた。



もともと私はこの映画を、家族と一緒にあまり見る気がしなかった。だから、見ることが出来ないならそれでもいいかと思っていたが、残り30分で彼はチャンネルを変えてくれた。

シーンはイニスがブロークバック・マウンテンでジャックから去っていく所。
「立ったまま眠るのか。」イニスがジャックの背後からそっと抱きしめる。ジャックの心によぎる優しい思い出のシーン。

場面は変わって返された郵便からジャック死亡のことを知るイニス。その彼に電話でジャックの最後を伝える妻。
「タイヤが破裂して、・・・」

その時何気なく見ていた我が夫が、「酷い、可哀相に。」と呟いた。
私は思わず
「違うよ、ジャックの妻は本当の事を言っていないんだよ。」と解説をしてしまった。この時代の同性愛に対しての扱われ方やイニスが慎重だった理由など。
「でも、この奥さんは知っていたような感じだね。」と彼は言った。


ジャックの家を訪れたイニスが、彼の部屋で20歳の夏ブロークバックマウンテンでなくしたと思っていたシャツを見つけるシーンで、また夫は呟いた。
「ああ、血がついている。」
最後だけ見ている彼は、きっとそのシャツを最後の時に着ていたシャツだぐらいに思ってしまうだろう。なので、私は
「このシャツは、昔二人が知り合った夏、別れが辛くて言うにいわれぬ感情で殴り合ってしまうことがあるのね。その後シャツが・・・」
「フーン」と言っていたが、聞いていなかったような。もうどうでも良いや。

だって、私も涙で何も語れない。
この作品のクライマックスだから、そして、この優しい目をしたヒース・レジャーはもういないんだと言う思いが重なって、その涙は止まらなかった。


彼のトレーラハウスに結婚の報告に来た娘の忘れたカーデガンを丁寧に畳むイニスの姿は、真面目で不器用なぼくとつとした姿そのものだ。
そのカーデガンをしまう時、たんすの中に掛けてある、ジャックのシャツを包み込むようにイニスのシャツが掛けてある。
そして彼はそのシャツに向かって
「ジャック、永遠に一緒だ。」と言うのだった。(字幕では)
ただ、私は日本語版では
「ジャック、俺は誓う。」と言うセリフだった様な気がするが、なぜかそのセリフは分かり辛いが、胸に残るセリフだった。


この先もイニスは静かに生きていくのだろう。そして齢も取っていく。あの20歳のブロークバックマウンテンでの想い、その後のジャックとの想いを、心の奥に沈めて。

イニスの姿から、深く静かにその愛を貫く重さを、私は知ったのだった。



  *・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


「ブロークバック・マウンテン」を見ても「ブラザーズ・グリム」を見ても、ああ、何で~、と思ってしまいます。言ってみた所で仕方がないのですが。(涙)


こんな気になる記事を読みましたが、どうなるんでしょうか。
ジョニー・デップがヒース・レジャーの遺作の代役に? - goo 映画




ブロークバックマウンテン2

more...

theme : ☆映画の思い出
genre : 映画

line

クリスマス・キャロル(1970)

クリスマス・キャロル(1970)(1970) - goo 映画

たまには思い出の中の映画の感想を。
と言うより、次の記事の前振りかな。

小学校低学年の頃、朝自習の時に高学年が紙芝居を読みに来てくれるのですが、クリスマスの頃になると決まってこれ、「クリスマス・キャロル」を持ってくるのです。
何か、凄く退屈。業つく爺さんのお話、何処が面白いのと、いつもちゃんと聞いていませんでした。この紙芝居、長くって高学年のお姉さん達は小さな声でぼそぼそ読むから、とうとう物語が分からずじまい。

そんなこともあり、この映画が公開されたときにちゃんと物語を知りたいなと思って、電車に乗って有楽町までイソイソ行きました。ミュージカルと言うのも楽しみでした。

ほとんど歌は忘れてしまいましたが、「サンキュ、ベリーマッチ」だけは今も印象深く覚えています。

「クリスマス・キャロル」って本当に面白いお話だったのですねえ。

でも泣けました。私って、子供の時から泣き虫だったのですね、きっと。

ご存知、知名度高い名作です。
クリスマス・イブの夜、三人の過去現在未来の精霊が現れれ、彼を過去現在未来へと誘うと言うもの。記憶の中の感想なので、おもいきりネタバレしています。

過去ー業つく爺さんのスクルージは孤独な子供でした。雪道を皆楽しげにクリスマスのパーティーに向う時、一人学校で寂しく窓の外を見つめるスクルージ。その少年はとっても美しい顔をしていました。私も少女でしたので、美しい少年には弱かったのです。思わず涙がこぼれました。
そして、優しかった妹との別れ、優しかった恋人との別れ・・・
「早く、早く追いかけろ。」と今のスクルージが言っても過去のスクルージには聞こえません。また、その若き日のスクルージもハンサムな人だったのですよ。

過去は取り戻せないのです。

辛く当たっていた従業員ボブの家族のクリスマス。
ガチョウのお腹に詰め物をしたものがテーブルに出されます。それでもスクルージの幸せを祈る家族。その家族には天使のような子供がいます。でも病弱なのです。スクルージの胸は痛みます。
また、お金目当てで家にやってきていると思っていた甥の家のクリスマス。彼は優しかった妹の忘れ形見でした。それでもスクルージは彼を信じていませんでしたが、やはり甥はおじさんは大切な家族だと言うのです。

大切なものに囲まれている事にも気がついていなかった現在のスクルージ。

真夜中の3時の鐘がなります。そこに現れた精霊は、彼を未来に連れて行きます。

やけに明るい未来です。街中が歌い狂っています。まるでお祭りのように「サンキュ・べりマッチ」と歌いパレードをしています。スクルージも嬉しくなって同じように踊りながらそのパレードの後についていくのです。が、彼らが着いた所は墓地でした。彼らはある男の死を喜んで「死んでくれてありがとう。」と歌っていたのです。

墓にたどり着いたスクルージは、ボブが子供の墓の前で泣いているのを見つけ胸が痛みます。でも未来の精霊はある墓を指差します。人々が波のように引くと、そこには墓穴が大きく開いていました。スクルージが恐れおののきながら、その墓石の名前を読むと、そこには彼の名が。悲鳴をあげて落ちていくスクルージ。スクルージは未来の精霊である死神に、死の世界に落とされてしまいます。(と、この辺から記憶が曖昧。確か氷のようなところを歩いていた様な気がしたのですが・・)

が、彼は帰ってきました。今現在の、まだイブの朝でした。
彼は大急ぎで七面鳥を買いボブの家に届けます。そして、最高の医者に子供を見させると約束し、待遇を信じられないくらいに改善するのでした。

街中の人にプレゼントを渡し、善意の行いをするスクルージに人々は感謝し、同じ「サンキュ・べりマッチ」を歌ってパレードをするのでした。(確か彼は冷酷な高利貸しで、お金に困っている人に、死んだら良いぐらいの事を平気で言う人だったのですよね。でもその高利の借金を棒引きにしてしまうくらいの事をやってのけるのではなかったかしら。・・・・ちょっと曖昧。)


今、書いていて思い出したのですが、この時スクルージもこの歌を歌うのではなかったかしら。
生きていて、まだやり直せることに感謝して。

過去も現在も孤独で、誰からも愛されず、誰も愛していないスクルージは不幸せでした。でも本当にやって来た未来は幸せでした、私はその孤独が悲しくて涙し、その幸せにほっとして涙しました。

やっぱり凄く面白い。名作ですね。
この映画の子役が超可愛かったのです。病弱な男の子もでしたが、確か姉役の女の子も。パンフレットの写真の子がとても可愛いといったら、父が写真に取り直して栞にしてくれました(家で現像していたので、そういうことも気軽に出来たのですね。)

クリスマスの頃、ふと思い出す映画です。

theme : ☆映画の思い出
genre : 映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line