FC2ブログ

リアル・スティール

リアル・スティール - goo 映画

リアルスティール

2012年、映画館鑑賞1作目はこの映画です。息子に昨年から薦められていたのですがようやく見ることが出来ました。

今日、映画に行くと知った息子、
「じゃあ、帰ってきたら『リアルスティール』ごっこをしようぜ。」
「いや、それはお断りします。」
まだ見ていないけれど、それはまずい予感が・・・。

しかし映画は、彼のお勧めは間違いがなかったです。

感動もしましたが、血も沸き立ちました。

思わず、「立て、立つんだ、ジョー!」

あっ、違った!
とにかく手に持っていたハンカチをギュっと握り締め目が離せませんでした。

物語の途中でチャーリーが、ボクシングを含む格闘技が人から飽きられ、人は更に刺激のあるロボットの格闘技に変わっていった経過を話すシーンがありますが、格闘技は技の戦いであり精神の戦いであると思っている日本人に、この説明はどう感じるのかと、ふと拘ってしまいました。

しかしこれは、わざと語らせた部分だったのかも知れません。人はあくなき暴力の刺激を求めるものなのか。
だけどやっぱりこの映画を見ると、その戦いの向こう側にある思いとストーリーを人は求めているのだと思えるのでした。

そして、勝つとは負けない事なのだと、この映画は私に再確認させてくれたのでした。



この映画、昨年公開だけれど、今年一番!
って、おいおい、今年は始まったばかりですよ。とにかく今年1作目は良作に出会えました。

以下、少々のネタバレ感想です。

リアルスティール2

ロボットたちは、戦う側のも含めて皆カッコ良かったですね。
監督や製作陣は、日本贔屓なんでしょうか。二体目のロボットの「超悪男子」には心躍りました。
一体目のロボットも、ちょっとボロと言う感じでしたが、それでも渋くて、それがチャーリーのヘボイ戦い方で無残な姿になってしまって、可哀想に感じました。

でもチャーリーにはそんな感情はないのですよね。
この男のだめっぷりが最初は本当に酷かったので、後からの復活振りが生きました。

「だいたい借金はいくらあるのか、ちゃんと計算しろよ、オヤジ~!!」と、そこの部分がやけに気になっていたら、そう言うちゃんとしていなかった部分が、伏線になっていたのですね。
もっとボコボコニやられてしまうのかと思ったら、あの程度で助かりました。
最後のシーンには影響がない程度と言うのが、この映画の甘さと優しさだと思います。

甘さと優しさと言ったら、マックスがATOMU を「廃棄場所に捨てられていた・・・」と満場で言い放つ時、「えっ、良いのか、そこの部分を言ってしまって。」と、ちょっと思ってしまいました。でも話は思わぬ方向にと言う複雑な展開は見せないようなので、ホッとしましたが。

そして「ATOM」と言う名前。
萌えましたね~。

「手塚先生~、日本人として胸を張っちゃうよ、私。」って、心ひそかに思いましたわ。

でも私が一番ジーンと来たのは、やはりリング横で戦うチャーリーの姿を、マックスがジーっと見る所。その姿をずっとマックスは忘れないでしょうね。そして父親として誇りに思い続けるのだと思います。

少年は失っていた父を取り戻し、父は子を取り戻し、そして自ら復活したのです。

マックスとATOMのダンスは可愛らしく、ドラマあり格闘技がありエンタメありで、これぞ「THE 映画」と言う感じで質が高いと思いました。ゆえに評価も高くならざるを得ないと言うわけ。


もうひとつ好きなシーン。
それはATOMが鏡に映った自分の姿を、じーっと見ているようなシーン。
ロボットなので、見ているのかどうかは本当は分からないのです。でも見ているように感じるのです。それも、その場所にいることを誇りに感じているようにも感じたのです。
いや、それが狙いなんだと思うのですが、なんか静かな良いシーンでした。

泥の中に埋まっていたATOM。
マックスが掘り出さなければ、100年だって埋まっていたかも知れません。掘り出したのが他の人間だったら、見向きもされずパーツを売られてオワリとか。言葉を理解してもそれは電子回路が暗号を送っているだけ。ATOMは単なるモノなのです。

でもモノは、使い手が愚かでへぼかったら使いこなされずにガラクタになっていき、使い手が最大限の努力をし使いこなす事が出来たなら、さながら魂があるかのように輝く事が出来るのだと、そこの部分がとても印象的だったのでした。再生と復活は、チャーリー親子だけの物語ではなかったのですね。

大切にしよう、いろいろなモノを。
と、映画からの感想とは思えない事で締めくくる事にします。


リアルスティール3


ヒュー・ジャックマン (Charlie Kenton)
エヴァンジェリン・リリー (Bailey Tallet)
ダコタ・ゴヨ (Max Kenton)


監督        ショーン・レヴィ
製作総指揮  ロバート・ゼメキス
        スティーヴン・スピルバーグ


tag : 2012年に見た映画 映画館で観た映画 洋画

line

リメンバー・ミ―

320201901231.png

1月23日、wowowで録画してあったものを見ました。吹き替え版です。
話題通りの心に染み入るお話でした。家で見る事のいい点は、遠慮なく泣く事が出来ることかもしれません。

でも号泣とか言うのではなく、しんみりと泣けました。

大事なものは家族の絆。
この映画を見ると、お盆とか大切にしようと思ってしまうし、去ってしまった人たちを生きている限りは忘れまいとまた強く思うのでした。

以下はネタバレしています。

640201901232.jpg




しかしアニメの中でも主役が負って言うものがあるようで、ヘクターの元の顔が出てきた時点で、お話が分かってしまったぞ。だから何だと言うわけじゃありません。ただ言ってみたいだけです、おばさんは(^_^;)

エルネストが残念な人なのは、大切な人を裏切ることですよね。
大事な相棒だったヘクターを裏切る。
最初は孫の孫と言われて、彼は喜んでいたしもてなしていて、ヘクターの秘密を知られなければ、自分の子孫と信じて、元の世界に返そうとしていたのですよね。あの時点では、孫の孫と思っていたはずです。だけどそんな子供も、こちらの世界に留めようとします。つまり殺すー。


この世界には「地獄」と言う発想はないのですね。
だけど現実の世界で、彼のメモリアルの建物には「忘れてやる!!」と看板が張り付けられていたので、彼の第二の死も近いのかも知れません・・・・・・・・・が、あれだとインパクトが強くて、違う意味で人々の記憶に残るのではないかしらね(笑)


骸骨ばかり出てきても、美しい映像でしたね。
長編アニメーション部門で2018年アカデミー賞を受賞。

吹き替え版で見たのですが、ミゲルの声をやったのが、石橋陽彩。13歳。歌声が素晴らしくてものすごく満足しました。


詳しい情報は→「リメンバー・ミー/映画.COM」
画像もそこからお借りしました。


640201901233.jpg

tag : wowow ピクサー アニメ テレビで見た映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line