FC2ブログ

八日目の蝉

八日目の蝉 - goo 映画


八日目の蝉1


4月29日横浜ムービルにて鑑賞

世間の「泣いた」と言う評判が気になって、原作から先に読んだ「八日目の蝉」。この感想を本当に極短く「森の中の一本の木」の「1月2月を振り返って」の読書の項目で書かせていただきましたが、飛んでいただくほどの長さも無いので、ここに再掲させていただきます。

『「八日目の蝉」。泣いた人多数と言うこの作品。泣き虫なので私も号泣かしらと思いきや、どこで泣くのかも分からずに一気読み。いや、この小説のテーマには共鳴できます。ラストの主役の女性の心の中の独白には人生の力強さを感じます。

でもたぶん最初で気持ちが躓いているのです。前半は本当の母親から子供をさらった最低の女の物語です。その母親が自分に何をしたのかとか、どうも、ろくでもないだらしがない女のようだなんてことは関係がないのです。子供をビニール袋に入れて夜のゴミ捨て場に捨てたわけではないのですから。この女は鬼畜です。それが作家の手に懸かり主観で描かれるとこうなるのかと、妙な感心をしてしまうのでした。愛情深く大切に育てても、そんな事に何の意味はないと思ってしまうのです。ドラマの「MOTHER 」とは本質的に違うのですよ。

前半はサスペンスとしてちょっと面白かったのですが、なるようになって良かったと本当に思いました。

ただ本当の物語は、連れさらわれた少女が大人になるまで、そして大人になってからが本編だと思います。再生の物語、涙は伴いませんでしたがジーンとしました。

もうひとりの主役の女性に手厳しいのは、私の中の母性がそれを許したくないからです。

だけどこれ、映画で公開されるのですよね。映像はダイレクト。映画見たら泣いちゃうかもね。』

予想通り、映画は最初から号泣でした。
だいたい私は昔から、子供が映画の中で「エーン」と泣けば、涙が条件反射のように出て来る事になっているのです。これは子供の時からの習慣で、別に母になったからとか言う問題ではないのです。たぶん10歳も歳が離れた妹がいるからだと思いますが、映画の中で子供に泣かれると、その映画のよしあしなんか関係なく涙が出るのです。

よしあし関係なくと書きましたが、この映画は良かったです。原作でも前半の犯人希和子の膨大な言い訳話とは違って、後半は被害者家族の再生の物語になっていて感動するのですが、その後半の物語を同時進行させて被害者少女の成長の物語になっているのです。
この小説を愛している方には、カチンと来るような書き方をしてしまっているのは分かるのですが、どうも私はこの物語の主人公希和子側に立って感情移入は出来ません。
それでも、私が好きな女優さんの永作さんが希和子を演じれば、その人間性と行動に共鳴できなくても、その母性に涙しないわけはないと思っていました。

映像の力は、やはり凄いのです。

冒頭から泣きまくり・・・

以下はネタバレ感想です。

八日目の蝉2



その冒頭は裁判シーン。実の母の独白から始まります。希和子に共鳴できなくても、この母には心の底から同情してしまう私です。原作と違って、次の子供もいない彼女にとって、子供をさらわれていた4年は地獄の釜の中にいたと言っていいでしょう。

小豆島では幸せだった希和子。この時、ひとり映画館で異種の涙を流していたのは、私だけだったかもしれません。幸せだった希和子と薫。その別れに涙が出るというよりは、この期間にいなくなってしまった恵理菜を想っては、胸を引き裂かれるような時を刻んでいた母親がいたのかと思うと涙が出るのです。


子供を取り戻しても、その子は実の父、母を知らないおじさんおばさんと思う・・・・。

八日目の蝉3



さながら親子の宿命のように、希和子と同じ道に踏み込んでしまう恵理菜。つまり希和子と同じように妻子のある男の子供を身ごもってしまうのでした。
一緒に見に行った姉が後で教えてくれたのですが、希和子と恵理菜の自転車の乗り方が同じだったらしいのですね。

大切な時間を奪ってしまった希和子。

だけどその希和子のシーンでも、逃避行の時に泣きやまない赤ちゃんに涙する希和子に思わずもらい泣きしてしまいました。エンジェルさんの所では、最初から廊下を歩くと大きな音がするのが気になりましたが、それがまた逃げていく時に、希和子の大きな足音となって、凄く印象的な効果をあげたと思いました。

子供の涙に弱い私。ここで見たマロンちゃんの涙にも泣きました。

少し遡って、希和子が髪を切るシーンは一発勝負だったとか。でもあれは、どんなに切羽詰っていても本当の母親ならばやらないことですよ。なぜなら如何に撮影と分かっていても、赤ちゃんの目と皮膚が心配で気になってしまいましたから。

原作ではなんだか半端で訳の分からないまま終わった火事エピ、回収し切れていなかった写真館エピ。火事エピはカット。写真館エピはラストに効果的に使われていました。

私は、そのラストまで泣きに泣きました。
希和子には共鳴しない。それは私の母性が許さないから。だけどこの物語は、その母性の物語。
「まだ会っていないこの子を、もう私凄く愛している。」

この映画は、恵理菜の美しい涙の顔で終わります。

凄く素敵な終わり方だと思いました。

そしてなぜだか私も、もう成人になってしまった子供たちにも、もっと優しくしてあげたい、そんな事をふっと感じてしまったのでした。


八日目の蝉4

そうそう、男二人はしょうもないよ。だけどそんな男が好きな人って、確かにいるのって知ってる。

井上真央 (恵理菜)
永作博美 (野々宮希和子)
小池栄子 (千草)
森口瑤子 (秋山恵津子)
田中哲司 (秋山丈博)
劇団ひとり (岸田)

監督  成島出

tag : 2011年に見た映画 邦画 映画館で観た映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line