FC2ブログ

めがね

1月も終わりと言うわけで、1月にWOWOWで見た映画の感想を昨日頑張って書いていましたが、
3つ書いたら疲れてしまいました。なんでもためちゃいけないよね~。お金以外。

この映画、映画のジャンルを見てみたら「コメディ」になっていたのですが、とてもコメディには思えないです。何かもう一つの別のジャンルを確立しちゃったねって感じです。そして、そのジャンルには小林聡美さんともたいまさこさんがいなければならないようです。ジャンル「癒し」ってところかしら。

めがね

しかしこの映画、ひたすら美しい海を眺め、みんなの
「あっ」「あ」「あっ」「ああ」というせりふを聞き続ける映画などと思います。

登場人物が全員眼鏡をかけているだけで、タイトルに意味もないし、物語もあってないようなもの。

だけど詰まらないという訳ではないのですよね。なんとなく最後まで楽しく見ていたのです。

しかし現実感は全くない。

最後、私、思ってしまいました。

この人たち、本当に生きているのって?

だいたい、もたいさんの扱いなんだけれど、すごく神格化されているんです。物語が進むにつれてドンドン。

で、一つの季節が去って、また季節が巡ってきたときに、風が吹いただけで誰もが「来た」と彼女の到来を感じるんですよ。

うむむです。

さっぱり分からない。

きっとこの手の映画は分からなくても多分、そこのところはどうでもいいのかなと思います。


とにかくすべてが美しい。
だから心惹かれるのかもしれませんね。

こうなったらこの手のシリーズ、全部見てみたいと思いました。

めがね2


美しい海・・・・
たそがれるのってたぶん名人…私。
ボー・・・・。
の割には、メルシー体操は結構ハードだ←一緒にやったのかって?
やってみました、面白そうだったから。

「携帯が通じないんですよ、凄いでしょ。」←やっぱり、あの世~かな?



めがね3

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

メリー・ポピンズ  リターンズ

              201902014640.jpg

《メインで書いている「森の中の一本の木」の方にも同じ記事が載っています。TBなどはこちらにどうぞ。》

2月1日字幕版を映画館で見ました。



一言で言うと、「めっちゃミュージカル !」

しかも昔ながらのスタイルの。



時々胸がいっぱいなるような感覚に襲われて、涙ぐむ。

夢とは想像力。



お風呂に入るのも、壊してしまった食器と向き合う時も、その想像力があれば千倍は楽しいのではないかしら。

もちろん、この物語の中では、起きている事はすべてポピンズが起こしている魔法で、そして真実なのだけれども。

だけど大きな画面の中で繰り広げられている映像を見ていると、お片付けひとつとっても

「魔法の力」を使って片付いていく事を想像すると、本当はひとつひとつ片づけている事でも、なんて楽しい事だろうかと思いました。



ああ、作り込んでいるなあと思ったシーンは、ガス点灯の仕事マンたちのシーン。本当に素晴らしいです。

お話も細かい所までうまく出来ているように思います。映像も美しく、OP・EDのタッチが、まるでモネの絵のだと思いました。

配役もメリー・ポピンズに「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントコリン・ファースなど、この役なのかと笑えます。メリル・ストリープはなにげにエミリーと再共演。

なんと「メリー・ポピンズ」のバート役だったディック・バン・ダイクも出てきますよ~。



この映画、映画サイトでの評価も凄く高いですね。

寒い毎日にホッとできる楽しくてワクワクできる映画だったと思います。

と、こんなに褒めてから言うのもなんですが、

以下の画像の下は、ネタバレはしていませんが本音トークです。公開したばかりなので、あまりろくでもない事を言って足を引っ張りたくないので。

あくまでも私個人の感想です。

201902012640.jpg




ちょっと長いと感じました。

お隣から寝息なんかも聞こえるし。

メリルさんのシーンを切るわけにはいかないとは思うけれど、トプシーのシーンは無くても良いのじゃないかしらと思ってしまいました。

この作品の中の曲は、殆どが慰めたり諭したり、応援したり、夢を与えたりと言う大人が子供に良い事を言うみたいな内容が多いと思うのです。数が多すぎると、なんだか説教をされているような気分にもなってきました。

いっそコリン・ファースにも踊って歌って欲しかったです。



91回アカデミー賞では「美術賞」「衣装デザイン賞」「作曲賞」「主題歌賞」でノミネートされています。

“The Place Where Lost Things Go”は素敵な歌なのですが、私的には、家に帰る途中で思わず口ずさんでしまうようなインパクトはなかったのも残念でした。



キャストはとっても良いし、子供たちは可愛いし映像は綺麗・・・・・

でも上記の理由で、ほんのちょっとだけモヤモヤしました。だけど先にも言いました通り、これは個人の感想で世間の評価を見ると、少数意見なのだと敢えて記しておく事にします。

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : 2019年ディズニー 映画館で観た映画 コリン・ファース エミリー・ブラント

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line