FC2ブログ

ヒアアフター

ヒア アフター - goo 映画
ヒアアフター
2月25日映画館にて鑑賞

監督クリント・イーストウッドの新作と言えば期待値も上がりそうだが、私は監督が彼でなくてもこの手の作品には、何か見る前から期待してしまう。そして時には手ひどく裏切られたり、期待通りで感動したりする。

この作品は後者。でもだからと言って感動したと言うほどではなかったかも知れない。だけど、好きな作品である事には間違いがない。

最初の津波シーンは凄かった。スマトラ沖の津波を意識した事は間違いがないと思うが、その時に実際に体験してしまった人の事を思うと胸が痛かった。

だけど、このシーンが終わった途端に入ってきた中年夫婦がいて、思わず心の中で「損したなぁ、この人たち。」と思ってしまった。少々の遅刻ぐらいは平気と私も思うときもある。でも冒頭から飛ばす映画もあるからご用心と言うところ。

フランスのジャーナリストのマリーは東南アジアで津波に飲み込まれ不思議な光を見ると言う臨死体験をする。
サンフランシスコで暮らすジョージは死者と語れる霊能力者であったが、今はその力を隠し工場勤務をしている。
ロンドンで暮らす少年マーカスは、事故で双子の兄を亡くしたばかり。その喪失感を埋める事が出来ないでいた。


三つの場所で三者三様の物語が進んでいく。それがまるで運命が導くように彼らはやがて出会って・・・・
そして大事件に・・・なーんてことには巻き込まれない。

静かにそれぞれの物語が進んで行き、静かに終わる。だけどそのそれぞれの物語が見応えがあって、切なかったり涙が出たりと心は忙しい。
映画が終わったときに、隣に座っていた夫婦の夫らしき人がその妻に、
「真面目な映画だったな。凄く真面目だ。うん、良い映画だったな。」と言っていたのが印象的だった。

なんとなくホラーみたいなものを想定してきたのかも知れない。でもこれは人間ドラマ。

映画館で映画を見る醍醐味のひとつは、さりげない他の人の心に触れる事が出来る、そんなところにもあるかも知れない。



以下はネタばれ感想をちょっとだけ。

ヒアアフター3

マーカスのエピソードは痛いし、泣ける。さながら分身だったような双子の兄が突然いなくなり、アル中でドラッグ中毒の母も、更正の為に少年から離れざるを得なくなってしまう。家族から引き離されて少年の喪失感は普通の常識も奪ってしまう。世話になっている里親には親切にもされ、いなくなった兄の分まで部屋にベッドを入れてもらったりもするのに、そのうちのお金を盗んで霊能者探しに奔走する。兄にもう一度会いたくて。

里親側から言ったら、手に負えないとんでもない子供である。喪失感は欠落感に繋がっていて、マーカスはそんな少年に描かれている。
早くジョージに会わせてあげてと思わず祈る。

地下鉄テロ事件は唯一ホラーっぽい場面だと思った。

ヒアアフター4

力を持っていないものは持っているものを羨んで、それは神が与えたギフトだと言う。だが、持てるものはその力を保ちきれないで苦しんでしまう。普通の人が当たり前のように得ることが出来る普通の生活が、彼には与えられない。
何を思ってなのかは明かされていないが、料理教室に通いだすジョージ。そこで知り合った女性とはかなり良い線になるのに、結局その力のせいで離れていってしまう。
しかしこのお料理教室のシーン、かなり色っぽい。
女性が積極的。

だけど好感が持てる可愛い人で、ジョージが彼女の苦しみを助けて何とかなるのかと早とちりをしてしまった。

残念ながらそうはならず、お話は違った結末を迎えるわけなのだが・・・。


ジョージは巡り会うべき人に巡り会うために、ロンドンに来たのかもしれない。

映画館で、意外と長いな、そろそろ終わりなんじゃないのかな。でもここでマリーと会って、そして何を話すのかなと思った途端に、この映画は終わったのだった。
唐突に。

その時見るジョージの幸せな未来の映像。

びっくりしたが、ああ、そう言うことかとラストに余韻が残された。

「今」と言う瞬間は過去からの布石を踏んで踏んでここにいたっているわけで、そしてそれはみな多くの人のソレが絡み合って「今」に導かれているんだなとしみじみと思った。こう言うのは別の言葉で「運命」と言うのかもしれない。








tag : 映画館で観た映画 洋画 2011年に見た映画 クリント・イーストウッド

line

羊の木

羊の木


今年も、テレビでもたくさん映画を見ようと思います。昨年もそこそこテレビでも見たものの、どこにも記録していないので、すべて記憶だよりになっています。

今年は備忘録としてこちらのブログを復活させて、短く感想を残して行こうと思いました。
とにかく「短く」が基本です。

wowowにて視聴。
キャスト・スタッフなどの詳しい情報は→こちらにて
以下はネタバレしています。

お話とは面白くて、のろろ様はやっぱり守ってくれたのかなと思いました。

松田龍平が演じる宮腰が、のろろ様の伝説に拘っていたので、きっと海に二人で落ちるシーンはあるのだと思っていましたが、そのシーンは結構見応えがありましたね。
浮かび上がってくるのが、最初は彼だったと言うのも短いシーンに引き込まれる要因になりました。

これ、3分の一はダメだったと言う事ですよね。
この数字には、何か意味するものがあるような気がします。

3分の2の人たちは、頑張って未来を進んで欲しい。

だけどこれ、お話的には面白いと思ったのですが、
もしこのお話に意義とか意味とかを感じなくてはならないとしたら、ちょっと「再生」と言う視点で言うならば、厳しいと思う所もあるなと思いました。
救われない悪の存在を見せつけられるのは、悲しい気持ちになるからかもしれません。

錦戸君は良い人を演じるのが上手いと思います。

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : 松田龍平 錦戸亮 wowow テレビで見た映画 邦画

line

『ヒドゥン・チャイルド 埋もれた真実』

201901245.png

wowowでの放送が日本初公開

なので
『“スウェーデンのアガサ・クリスティ”と呼ばれる人気女性作家C・レックバリの小説を映画化。女性作家エリカは事故死した母親の意外な過去に驚くとともに、自身も危機へ。』

トップ画像と、上記の解説は、wowowさんから頂きました。


ヒット小説の映画化らしいので、物語的に結構面白かったです。特にまったくなじみのないスウェーデンの俳優さんたちなので、役者さんで物語展開が分かることがなかったのが、一番いい点だったと思いました。

それでも推理ドラマの映像化は難しいところがありますよね。
本を読んでいたのなら、決してわからない事が、登場人物の数などで分かってしまうと言う所があるじゃないですか。

映像を見ているとこの人しかいないから、この人が犯人とか思ってしまう。そこから「なぜか」が逆走して行く・・・・・・。サスペンス映画の良くある事だと思います。

だけどこの作品は犯人は当たっていたとしても、最後の「ああ、そうだったのか!!!」と言う部分が、なかなか面白かったです。

「善人の顔をして近づいて来て・・・・・・
裏切者・・・・・・・・
あいつは最も残忍だった・・・・・・・。」

それは誰の事を言っていたのかー。
第二次世界大戦を背景に、ナチスドイツと闘うレジスタンスの青年たちがいて、そしてそれが現在の殺人事件に繋がって行くのです。


ひとりの人間の身勝手な自己愛が、多くの人々に苦悩を与え、そしてその命を奪ってしまったのかと思うと、犯人に憎しみを感じました。

しかし私がこの作品を見て、一番感じた事は、「時」は残酷な略奪者。
あの時、みんなで笑いあって集まって居たときには、皆若く美しかったのに、エリカが謎に迫るべく皆を訪れた時には、それぞれの人生を生きて、そして老いぼれていました。
若き日と老いた今を繰り返し見せられると、そんな風に見るべきところが変わってしまっていたかも知れません。

あともう一つは、ちゃんと人の話は一応静かに座って最後まで聞けよ~ !!
ってなことだったかもしれません。

tag : wowow テレビで見た映画

line

「ひとよ」

ひとよ


この映画は、映画館で予告編を見た時から、見たいと思っていたように思う。

なんたって配役が良い。好きな人ばかりだから。

物語も、服役を終えた母を子供たちはどのように向かい入れるのだろうかと気になった。


他の人から見れば、何の事のない夜でも、自分にとって特別な夜がある。

確かに。

母、こはるにとっては、暴力男の夫を子供たちの為に殺したあの日の夜がそうだったのだと思う。

だけど子供たちにとっても、殺人犯の家族を持つと言う、人生が一変してしまったあの日の夜が、その特別な夜だったに違いない。

子供たちを守った。母はそれを誇りに思っていた。

父の暴力と戦っていた子供たちは、その日からもっと大きなもの、見えない何かと戦い続けなければならなかった。

それを知っても、母は後悔などしない。そうでなければ生きられないと思う。

15年という歳月は、本当はもっといろいろな事を考える時間があったはず。きっと母は獄中で様々な事を思い、1周回ってきたに違いない。いや、そんな事はまったく描かれていないけれど、そう思わなければ、なんだか府に落ちない。


またも「映画.COM」の「ひとよ」の解説を読む。

『女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、「孤狼の血」の白石和彌監督のメガホンで映画化』

なるほど。元々は舞台なんだ。

言われてみると、そんな感じがして納得できる。

無責任に批判する人たち以外、周りの人が皆暖かいのが、気持ちがいい。



ひとよ2



tag : テレビで見た映画 wowow 2021年に見た映画 2月に見た映画 邦画 白石和彌

line

「羊飼いと風船」

羊飼いと風船3

2月に映画館で見た映画の感想を書いています。2月5日、「聖なる犯罪者」とはしごしました。

【この記事は、メインブログの「森の中の1本の木」にも同じ記事を載せています。】


2月5日は映画をはしごしたのですが、その2本目はこの映画でした。

「映画.COM」に載っていた、徐昊辰と言う方の評論に

「ペマツェテン監督は、北京電影学院で初めてのチベット族出身の学生だ。昔のチベットでは、映画製作は遠い夢だった。しかし、子供の時に野外上映で出会った映画は、ずっとペマツェテンの頭のどこかにあった。大学を卒業し、文学者として活躍していても、いつか映画を作りたいと思っていたそうだ。2005年に長編映画監督デビューしてから16年、ペマツェテンは、もはや今の中国映画界においてなくてはならない存在となった。そして、日本の劇場初公開となる本作「羊飼いと風船」は、まさに現時点における監督ペマツェテンの集大成だ。」とありました。

私はそれを読んで、ちょっとしみじみとしたのです。

ブラット・ピット主演の「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の中で、まだ少年だったダライ・ラマが自分の宮廷に小さな映画館を作り、瞳をキラキラさせていた事を思い出したからです。

今の私たちにとっては、映画は自分の隣にある普通の文化です。コロナ禍でハリウッドの映画などが入ってくる数が減ると、まるで国風文化再来かのように、日本映画が頑張っていることが分かると言うものでしたね。

私たちにとって普通の文化である映画が、ある所に住む人たちにとっては、この映画を見て「とうとう、ここまで来たか。」と言う感覚に襲われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

映画の感想も、この方の評論の続きを「お読みください。」で良いのかなと思ってしまったくらいなのですが、少々自分の言葉で、もっと軽い内容の事を書き足しておきたいと思います。

因みにこの評論の続きは、→ここです。

 

世界のあちらこちらに行きたいと思っても、それは不可能な事です。チベットの空と大地の境目がないような風景には、本当に心が洗われました。もうチベットには行かないですんだねと言うのが私と友人との共通の感想になりました。

生と性とは切り離す事の出来ない事です。

子供が産めない羊は、たっぷりと食事を与えられて太らせて市場に連れて行かれます。

そして与えられた運命は・・・・・。

それを家を継いでいく長男は、胸を痛めつつしっかりと見ています。

ヒロイン、ドルカルは4人目の子供を妊娠してしまいます。子供たちが枕の下に隠してあった避妊具を風船にして遊んでしまったからなのかも知れません。

折しもその時に、義父が亡くなってしまうのですが、彼らの宗教感では、亡くなったものは身近なものとして生まれ変わってくると言う考えがあるのです。中国の一人っ子政策で、4人目を産めば罰金です。でも夫は、父の為にもたばこも酒も止めるから産んで欲しいと懇願するのでした。

ドルカルは悩み苦しみます。

これはチベットのジヨンだなと、私は感じました。

それは「「82年生まれ、キム・ジヨン」を見ました。」

と言う記事に書いた「ジヨン」の事です。

 

酒もたばこも止める事は大変な事だと思いますが、問題はその程度の事ではないのですよね。

しかし、その世界の中で育っていたら、そして今度生まれてくる子供は義父の生まれ変わりかも知れないと思ったら、どんなにそれが苦痛であっても、私は産むのではと思ってしまうのですが。

ドルカルはどんな結論に達したのかー。

それはもしもこの映画を見る機会がありましたら、確かめてくださいね。

 

そうそう、軽いお話でしたね。

私、このドルカルってお洒落だなと思いました。


羊飼いと風船2

衣装さんが頑張った !?

まあ、そうかも知れませんが、とても豊かとは思えない生活でも、ものを大切にしお洒落をし、生活を大事にする。やっぱりそんな生活を感じる事が出来て、この映画がテーマから外れた所でも好きになりました。


羊飼いと風船


theme : アジア映画
genre : 映画

tag : 映画館で観た映画 2021年に見た映画 2月に見た映画 アジア映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line