FC2ブログ

ジュリエットからの手紙

ジュリエットからの手紙 - goo 映画


ジュリエットからの手紙2
5月27日映画館で鑑賞。

前回の映画が「ブラック・スワン」で、傑作でありながら重かったので、なんだかそれの中和剤的な映画を見たくなってしまいました。だからと言ってツバメ船長のお話と言うのも疲れそうです。お顔がスマイルマークになれるような映画はないかなと思い、出掛けて参りました。

まさに私の願いどおり、スマイルマークのような顔になれる映画でした。

ちょっぴり愛を感じたいなと言う時に最適な映画です。
以前、なんだかがっかりしちゃった「食べて祈って恋をして」をふと思い出してしまったのですが、こちらの方が「食べて」と言う部分も、本当に楽しそうです。

楽しそうだったのはヒロインのソフィーではなく、その婚約者のヴィクターだけだったのかもしれませんが、その楽しさが伝わってきて、イタリアっていろいろ良いよなと憧れの思いも強くなってしまいました。

もちろんジュリエットの生家にも行ってみたいです。
あんな風に、世界中の女性が訪れて手紙を書き、それに対してジュリエットの秘書たちが返事を書くなんて、この映画を見ようと思うまでまったく知らない事でしたが、とっても素敵な事ですね。

いつか行って手紙を書き、お返事を貰いたい。でも、なんて言うかコレと言って書くことがない・・・・・
まあ、それはどうでも良い事なのですが、もうひとつどうでも良い事をメモとして残しておきたいと思います。
それは、今私の三倍は忙しそうにしているので、声もかけてあげなかった姑は、きっとこの映画が好きなはずです。たぶん彼女はこういう映画を見たいんだと思いました。それなのに、忙しくて無理だとは思うけれど、誘いもしなくて申し訳ないとも、映画を見ていたときに思ってしまいました。

いつまで経っても元気溌剌な彼女が好きな映画のジャンルは「ラブロマンス」。

女性は、いつまで経っても枯れ木になってはいけないような気がします。コレはこの映画にも通じているのかもしれませんね。

ところでヒロインのアマンダ・サイフリッドは可愛いですね。どこかで見た顔よねと思ったら、次回作は「赤ずきん」。近頃頻繁にテレビでお見かけしていました(予告編で)。それから「マンマ・ミーア」の娘役の人ですよね。

以下はネタバレ感想です。
ジュリエットからの手紙1

↑ やっぱり可愛い、アマンダ。

50年前の手紙を偶然、ソフィーが見つけてお返事を書き、それによって手紙を書いたクレアが現れ昔の恋人ロレンツォを捜す旅が始まるのでした。
行動の早いクレア。
突然現れたクレアの孫は、「なんていう手紙を書いたんだ。」と怒りますが、どんな手紙を書いたのか、とっても気になりました。それは後から良いタイミングで読まれることになるのですが、なんて言うか上手く出来ている映画だと思いました。

意地悪な見方をすればご都合主義にも思えるのかもしれませんが、こういう映画はそれで良いんじゃないかなと思うのですよね。
運命と言うのはいったん回りだすと、ぴったりと嵌るパズルのようなものなんじゃないかなとも思うのですよ。
(そんなこと言ってますが、良い男が続けて現れてちと羨ましいじゃないかとやっかんでみたりして・・・)

ラストは予想通り。でもそれがとっても嬉しいのです。

やっぱり愛は一緒に居て育める人とじゃないと駄目よねと言う教訓なんじゃないかしら。この映画は恋人たちが見るのに凄くぴったりとした良い映画だと思うけれど、遠距離恋愛をしている人が、たまのデートで見ては絶対にいけない映画かもしれませんね。

欲を言うと、もう一度ジュリエットの生家がお話に絡んで欲しかったような気もします。

初めの方でもソフィーは手紙を書きかけていました。でも旅が終わった時のソフィーだったらなんて書いたのでしょうか。

詳しく書いてないので、ネタバレ感想と言いながら、実はネタバレにはなっていないかもしれませんね。
でも、ネタバレ画像・・・かな。↓

ジュリエットからの手紙3


アマンダ・サイフリッド   (Sophie)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (Claire)
ガエル・ガルシア・ベルナル (Victor)
クリストファー・イーガン (Charlie)
フランコ・ネロ (Lorenzo Bartolini)

監督 ゲイリー・ウィニック

tag : アマンダ・サイフリッド 2011年に見た映画 映画館で観た映画 洋画

line

「ジーン・ワルツ」

ジーン・ワルツ
ジーン・ワルツ - goo 映画


wowowで視聴。

昨年の4月5月にNHKで「マドンナ・ヴェルデ~娘のために産むこと」と言うドラマを見ていた。子供を産む事が出来なくなった娘のために代理母を引き受ける母親役を松坂慶子が好演し、彼女が本当にマドンナに見えた。
その「マドンナ・ヴェルデ」はこの「ジーン・ワルツ」の裏篇である。

またそのドラマがドラマの良さが生かされ丁寧に描かれ、毎回楽しみに見ていた。そのちらのドラマを先に見てしまっていると、この映画がまるでそのドラマのダイジェスト版のように見えてしまって残念。

が、上映時間の111分が退屈だったと言うわけではない。結構考えたりシミジミと見ることが出来た。
(以下、ネタバレしています。)

マリアクリニックの患者のエピソードには泣けるものもある。
無頭症で自力で生きていくことが出来ない子供に、この世の光を見せてあげたいと言う両親の言葉には泣けた。この世に生まれてきて、5分だけ生きた子供。
切なくて・・・。

だけどアクシデントがこれでもかと重なった3組の出産シーンには唖然。

でもこれって、今の日本の産科現状を凝縮して見せたのかもしれないと善意の解釈。

とにかく子供が安心して産める環境でなければ、少子化問題なんか語れる訳がない。ばら撒きなんか考えていないでちゃんとしろよ、と誰かに言ってやりたくなってしまう。

と言うわけで、非常に正直な事を言ってしまうと、この内容、映画じゃなくても充分な感じだった。

ジーン・ワルツ2

それでも菅野美穂は、好き。

菅野美穂 (曾根崎理恵)
田辺誠一 (清川吾郎)
大森南朋 ←まったく生かされていない。
南果歩
白石美帆
桐谷美玲 (青井ユミ)←可愛い♪
濱田マリ
大杉漣
西村雅彦
片瀬那奈 ←超ハンパな使われ方。
風吹ジュン
浅丘ルリ子

スタッフ
監督 大谷健太郎
脚本 林民夫
原作 海堂尊


tag : 邦画 テレビで見た映画 wowow 2012年に見た映画

line

「シュレック フォーエバー」

シュレック フォーエバー - goo 映画

シュレック31月14日wowowで鑑賞。

まったく、男っていうのはさあ・・・・

って、ちょっと思った「シュレックフォーエバー」。

このシリーズ、お下品だし、絵柄も好みじゃないし、お話も皮肉がいっぱいだし・・・とか思いながら、なぜかいつも楽しんでみているような気がします。

魔法を解くキスも愛し合っていなければ効果がないなど、なんとなく大人のおとぎ話。

フィオナ姫は美しいお姫様でなくても、いつもなんとなく可愛い。
今回はそれに加えてりりしい女戦士で魅力たっぷり。

だけどなんかパンチがないなと思ったら、字幕で見たからかもって気がつきました。オリジナルの声の方がパンチがないって変だけれど、この作品、そのオリジナルの声が耳元で日本語版の声優さんたちに還元されて聞こえてきました。声優さんたちって、ダウンタウンの浜ちゃんや藤原紀香やなんでもこなす山ちゃん、それから竹中さんの事だけれど。

エディ・マーフィがはじけていないって言うのも変だけれど、私的には少々の物足りなさを感じたのは本音です。
かと言って、この映画を二回見たいかと聞かれたら、それはちょと悩むところです。

一番最初に「男って・・」と書きましたが、これは別に男ってという問題ではないかも知れませんね。

「一日だけ元の怪獣に戻してあげる」
それは私たち女性にとっても「一日だけ自由で若い時代に戻してあげる。」と言う魔法のようなもの。
でもそれで失ってしまうものは、シュレックと同じくらい大きいのではと思ってしまいました。

シュレックが戻った時間は、あの誕生日パーティの時で優しい展開です。
ホッとしました。

今回の敵は見た目は小者。でも極悪。だけど悪役はそうでなくっちゃね。

シュレック1

だけど一番ツボだったのは、太った長靴を履いた猫・・!

シュレック2

マイク・マイヤーズ (Shrek)
キャメロン・ディアス (Princess Fiona)
エディ・マーフィ (Donkey)
アントニオ・バンデラス(Puss in Boots)

監督  マイク・ミッチェル



tag : wowow 2012年に見た映画 アニメ 洋画

line

「自虐の詩」

自虐の詩(じぎゃくのうた) - goo 映画

1月17日 日本映画専門チャンネルにて鑑賞
自虐の詩

上の画像、なんか笑ってしまいます。
必殺ちゃぶ台返し。
本来は男の身勝手で起こす「自分で片付けろ」とか思ってしまう行動ですが、この二人の顔を見ていると、なんかユーモラスで怖くない。
だけど、食べ物を粗末にしちゃアカンよ。貧乏なんだから・・・。

テレビで見た映画の感想が溜まってしまったので、見たよ的感想です。

「嫌われ松子の一生」が2006年の作品で、これは2007年。
中谷美紀の薄幸路線映画かと思ってしまったしまい、思わず監督も同じかと思ってしまいましたが、こちらは堤幸彦監督でした。

働かず金をせびるどうしようもない男、イサオ。でも幸子はそんなイサオを愛して献身的に尽くしています。
気に入らないことがあると、いつも必殺ちゃぶ台返し。

カルーセル麻紀演じる同じアパートの住人は、音からその回数を数えるくらい。
「不憫やなぁ」と言いながら、その回数をメモるところは笑えます。

遠藤憲一の幸江のパート先のラーメン店店主は幸江に気があり親切です。
だけど幸江はわき目も振らずに献身的。
どうしようもない男にすがり付いて生きていく女のようにも見えるのです。

幸せになりたかった少女時代。
だけど母には捨てられ、父は銀行強盗をするという過去のトラウマ。そしてずっと貧しいまま。どう見ても薄幸の女なのです。

それが後半、夢の中で幸江が過去を思い出すシーンで、一気にその関係が実はそうではなかった事が分かる展開は見事です。
そして幸江を本当に愛しているイサオの姿、辛かった少女時代の熊本さんという少女との友情など、いつも傍にあった幸せを感じていくところなどは、ユーモラスに描きつつも感動的でした。

ハッピーエンドで微笑める展開に幸せのおすそ分けをしてもらえるような映画でした。


中谷美紀 (森田幸江)
阿部寛 (葉山イサオ)
遠藤憲一 (あさひ屋マスター)
カルーセル麻紀 (福本小春)

監督 堤幸彦
脚本 関えり香
   里中静流
原作 業田良家

theme : テレビで見た映画
genre : 映画

tag : テレビで見た映画 2012年に見た映画 邦画

line

四十七人の刺客

あっ、これ見たことがあるわってタイトルを見てそう思ってしまいました。でも始まってみると、お話は忠臣蔵。

うんっ?

とよくよく見ると、私が映画館で観たのは13人で数が違いました・・・・てへっ。

そう言えば、この映画も記憶にあるわと思ってみてみました。
赤穂浪士を刺客としてとらえたちょっと画期的な映画だったのではないかと思いました。


47人の刺客

作り方も、何やらドキュメンタリー風な語りが印象的でした。

そして切腹やらのお涙ちょうだいシーンは皆無。

吉良の内匠頭いじめは賄賂を渡されなかったためだと、悪人のイメージを庶民に植えつけさせたのも、内蔵助の謀略だったという斬新なもの。

吉良さんは地元ではいい御殿様と慕われていたそうで、近頃ハリウッドでも稀代の悪役、すでに人間じゃないような描かれ方の模様。まだ未見なので、デマの元締めにならないようにしなくてはならないが、やはりどうもこの末代までも不名誉みたいな扱いに、同情してしまうのでした。短気は損気。殿様の我慢の限界点が低かったがために大勢の赤穂の浪人が路頭に迷ったんですよというレベルじゃないよ。吉良側は。

この物語では、なぜ浅野内匠頭は殿中にて刃傷に及んだのかという点は触れず、最後に命乞いのために
真実を語ると言う吉良を
「聞きとうないわ。」と切り捨てるのです。
要するに、自分たちの目的のためには正しいジャッジなど不必要な暗殺集団なのですよね。


吉良邸は迷路、隠れ部屋、罠と忍者屋敷のようでした。

討ち入りシーンは、そんな工夫がされていてもあまり面白くなかったです。
やっぱり赤穂浪士の物語には、お涙ちょうだいのドラマがいるんだよ。だから、何回もその物語を作られても見る人がいるんですよね。


しかしこの映画、1994年の作品なんだけれど、もう、みんな若いね~。
私的には宮沢りえちゃんのおかる。
そのほっぺのパンパンツルリンぶりに
「かわいい~。」と萌えちゃうところです。

ところでこの映画の中に、討ち入り前夜の逃亡した瀬尾孫左衛門のエピソードがしっかり描かれていてびっくりしました。
調べてみるとそれもそのはず、これと「最後の忠臣蔵」の作者は池宮彰一郎で同じ方。世界観が一緒なんですね。

役所さんが主役の「最後の忠臣蔵」はやはりテレビで見ましたが、後半のみで、ちょっと「見たよ」とは言いづらいものがあったのです。
でもそちらの見た範囲では、しっかりとお涙ちょうだい物語になっていて、しんみりしました。


そういうのを嫌う方もいるかもしれませんが、私はちょっと好きですよ、そういうの。

「大石殿の娘御が嫁ぐのであれば、その嫁入りの列に加えていただきたい。」
大勢の人たちがやってくるのです。

って、これは「最後の忠臣蔵」の感想ジャン。^^

でも、ちょっと引っ張らせてください。

それからNHKの歴史館という番組の中で、大石の家は次男が家督を継ぎ、父の名誉ある評判で元の家老職に匹敵するポジションで仕官していったと聞きました。

それを聞くと、内蔵助にとって浅野内匠頭の刃傷の理由なんてむしろ本当に聞きたくないことだったと思いました。
自分たちの道を貫き通して、彼らが手に入れたものは、自分たちの子孫の名誉回復と生きる道だったのかもしれないななんてことを思ってみたりもしたのです。



theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

人生の特等席

人生の特等席


2月1日、wowowにて鑑賞。テレビをつけたらたまたま始まったところだったので見たのです。

クリント・イーストウッドが出てきたら、もう彼の作品なのかと思って見てしまっていました。

「へえ、彼もこんなお気楽なやつを作るんだ。」って、微妙な感心の仕方をしていて、後で解説を読んだら彼の監督作品ではなかったのでした。

でもこの映画、とってもクリント臭くって私のように何も知らないで見たら同じように勘違いした人も多かったのではないかと思うのです。クリント臭いって何だってものですが、この役は彼だから、この映画にそれなりの重みが出たというような感じです。すごくぴったりです。

すごく頑固で強気で、だけど弱さ垣間見えて、人間臭さもぷんぷん。言葉は雑だけれど、若い人に理解がある。
そして仕事はプロフェッショナル!!

監督はロバート・ロレンツで、この方ずっとクリントとタッグを組んできたプロデューサーで、ほとんどの作品を彼と作ってきたのでした。そしてこの作品が監督初作品。
クリント臭いっていうのも、それですごく納得できました。←なんのこっちゃ。

お気楽映画に感じたのは、ラストの始末のつけ方なんだと思うのですが、なんというか喫茶店のナポリタンのような味付けで、実はこういうのは意外と好きです。

邦題は物語の中のセリフから来ていて、これ、なかなか分かりやすいタイトルで、この映画をさらに親しみ深いものにしたような気がしました。
原題は「Trouble with the Curve」でこれも劇中セリフからきています。
でも、このタイトルの違いはどこを中心に見るかによって分かれたように思うのですが、帰結するところは同じなのかもしれないとも思いました。

父と娘の過去の確執と再生。
自分に訪れる分岐点。

円満解決上等。


以下は少々のネタバレ


人生の特等席2



テレビを点けたらやっていたものですから、全く物語を知らず見始めました。
それで、あのピーナッツ青年が、パシッと袋を投げたときに、この子をスカウトして育てる物語かと一瞬思ってしまったのでした。

きっとあのシーン、何気ないシーンだけれど、監督は彼に、彼ってピーナッツ青年のことだけど言っていたと思うのですよ。

「このシーンは、何でもないシーンのように思えるけれど、このワンシーンだけで、後でみんなが納得しなくちゃいけない重要なシーンなんだ。」って。

マジ、そんな事を妄想しちゃいました。
そのくらいピーナッツの袋投げ、気になるシーンでした。

「えーっ、この青年はここでしか出ないチョイ役なの」と思ったら、がっかりしたくらいです。

ところがその彼が起死回生のキィーパソンになるなんて。

しかもいきなり唐突に。
「音でわかる。」が伏線なんですよね。


このお話は勧善懲悪で、敵役は最後に首と言われたり、マスコミの前で恥をさらすことになってしまうのだけど、いけ好かないだけで、本当の「悪」というわけではないのですよね。

首と言われた男も、
「息子を私立に・・」とか言っているし
あの傲慢な青年も、ろくでもない妄想であってもイメージトレーニングをして、それなりに自分と戦っているんです。

描かれていないけれど、敵役の男も青年も心を入れ替えて頑張るようなセリフをちょっと入れてもらいたかったなというのは、日本人的な感覚だったかもしれません。

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line