FC2ブログ

「ゴーン・ガール」

ゴーン・ガール
監督 デビッド・フィンチャー
ベン・アフレック/ロザムンド・パイク/ニール・パトリック・ハリス/キャリー・クーン

脚本は原作者でもあるギリアン・フリンが担当。

作者が脚本を担当って良いのでは。だからなのかは分かりませんが、細部にわたってモレがないと言う感じで長時間サスペンスで展開も予想外に進む物語ながら、非常に分かりやすいと思いました。

原作の事は知らなかったのですが、デビット・フィンチャーが監督のサスペンスなら、ラストに「やーやー解決して良かったな。温かい気持ちになったわ。」ってなことにはならない事は十分承知で見てきました。いや、むしろそこを期待してたかも。

先日、監督自身が言っていた〈たぶん〉
「サスペンスで始まりスリラーになり、教訓で終わる。」はとても印象に残る言葉だったのですが、
見終わった後、私は思いました。

「教訓!?」
「どこが?」

「結婚は人生の墓場」とかいう言葉もあるけれど、それは「結婚」がではなくて、「ある人の結婚は」と言うのが正しい言い方だと思うのです。
でも彼らの結婚は、墓場ではなくその先の「地獄」だなと、私は思いました。


だけれどこの作品、そのような真面目に向き合うような感想はさておいて、サスペンスとして見た場合、すごっく面白いです。
えっ、もう、そっち行っちゃうの?
えっ、そんな事が起きちゃうわけ?
えっ、この流れか~。
この人、やばくない?
えっ、ドキドキするジャン、この人危ないよ~。

まったく飽きない展開です。

それでもちょっとサービスが良すぎてやっぱり長さが気になったのかそれとも話の濃さに耐えきれなかったのか、もう後ろのおっさんの溜め息がうるさかったです。

私、言ってやりたかったです。
「大丈夫ですよ。ほとんどのうちの奥さんは、こんな風には失踪しませんから。そんな美貌も才覚もないしさ。」


だけれど私、エイミーのノートのある部分には、ほんのちょっとだけ「分かるな」と言う部分があって、サスペンスと言えどもなかなか奥深く感じたのでした。

だからと言って、それが「教訓」の部分かと言うわけでもないのですが、今回ネタバレなしで書いているので、「分かるな」と書いても、何を言ってるのかさっぱり分からない文を書いて終わりです。

でも後で自分で読み返した時に、きっとすっかり忘れて自分自身が何を言いたかったのかも思い出せないと嫌なので、思ったことのメモを残しておきます。
―本来なら「高め合う」と言われる関係。それは偽りを愛するのとは違う。

なんでこんな感想を書いてしまったのか自分でも分かりませんが、思ったことを書くとこうなってしまったのです。

でもこの作品は間違ってもそのようなドラマではなくて、あくまでもサスペンスですよ。
失踪したエイミーの夫のニックには時々イラッとしたりしましたが、ずっと彼を支える妹のマーゴの存在にはホッとする物がありました。やっぱり一人でも味方がいるのは救いだなと思いました。



〈久しぶりに、こちらで映画の感想を書いたらグダグダになってしまいましたが、映画はスッキリ完成度が高いです。〉




theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line