FC2ブログ

麒麟の翼~劇場版・新参者

麒麟の翼~劇場版・新参者~ - goo 映画

新参者
1月28日映画館で鑑賞。

テレビのドラマ版でも丁寧に人間関係を描きながら真実にたどり着く展開が魅力的で好きでした。また、阿部寛が加賀恭一郎と言う人物像にぴったりで、安定感のあるドラマを見せてくれると期待して初日に見てまいりました。

期待は裏切られず、最後は泣き虫なのでちょっと泣いてしまいました。解説によれば、この「麒麟の翼」は東野圭吾自身が“シリーズ最高傑作”と言ってるそうで、言うだけあるなと思いました。

「新参者」を見ると日本橋から人形町周辺をウロウロしてみたくなること間違い無しです。

少なくとも、日本橋の麒麟像は写真を撮りに行きたくなってしまいました。
想像上の動物である麒麟には本来は無いはずの翼が、この日本橋の麒麟にはあるという事も初めて知りました。と言うより日本橋に、この麒麟像があることすら意識したこともありませんでした。
大人になっても、世の中には知らないことがいっぱいです。
それらを知ることは、映画を見る喜びと同じくらいの楽しさがあるものです。

すべての道は此処から始まっている。
その日本橋。

青柳武明は、なぜ腹部を刺されたまま8分間も歩き続け日本橋の翼のある麒麟像の下で力尽きはてたのか・・・・

絡み合った糸を解きほぐしその謎が解き明かされる事は、それは誰が犯人なのかを知ることよりも興味深いものであり、心を揺らし涙を誘います。

父よ、あなたはずっと父だった。
そんな男を中井喜一が好演しています。



ちなみにドラマ版ではヒロイン的存在だった黒木メイサがゲスト並でちょっとだけ出ていますが、その恋人だった駆け出し役者の向井君はポスターの写真だけのご出演。でも最後のクレジットは大きかったです。

脚本は「相棒」でおなじみの櫻井武晴。
社会の底辺で切々と生きながら、思いがけず事件に巻き込まれていく物語といったらやっぱり彼ですかと思ってしまいました。

その社会の底辺でと言う部分を、「ドラゴン桜」の師弟コンビである新垣結衣が担当。顔立ちが上品なのに、こういう役が凄く似合っていると思いました。「上品なのにこういう役」という言葉はちょっと乱暴すぎて、どなたかの怒りを買いそうですが、もちろん悪意などありません。貧しくても健気に生きる役と言う意味です。

ちなみに先週見た「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」は古沢良太。「相棒」ライター様、頑張っています。

ネタバレナシで書くとこんな程度でしょうか。
なんか物足りないので、以下数行だけネタバレで呟きます。

新参者2


加賀が劇団ひとりの中学生教師にさりげなく言う公式の話は、凄く印象に残りました。
「正しい公式を教えてあげてください。」

息子の青柳悠人が「慕っている振りをして、罪を皆死んだお父さんに押し付けてオワリか。」と、工場長に殴りかかったシーンは、当たり前だと思います。姑息。この後、彼にはマスコミから断罪されると思いました。

あの青年は、容疑者が昏睡から目覚めることを凄く気にしていました。

この物語はフェイクがあって当たり前、犯人はこの三組に絞って見ていましたが、絡み合った複雑さが程よい印象を受けました。

ブログとか千羽鶴とかまたは絵馬とか、涙がじわ~っとするポイントは多かったと思います。


新参者4


阿部寛
新垣結衣
溝端淳平
田中麗奈
松坂桃李 (青柳悠人)←彼、良かったです。
三浦貴大
劇団ひとり
中井貴一

スタッフ
監督 土井裕泰
脚本 櫻井武晴
原作 東野圭吾





tag : 阿部寛 邦画 2012年に見た映画 映画館で観た映画

line

キック・アス ジャスティス・フォーエバー

2月26日に映画館にて鑑賞。

キック・アス2


デイブ・リズースキー/キック・アス アーロン・テイラー=ジョンソン
クリス・ダミーコ/マザー・ファッカー クリストファー・ミンツ=プラッセ
ミンディ・マクレイディ/ヒット・ガール クロエ・グレース・モレッツ
スターズ・アンド・ストライプス大佐 ジム・キャリー

えっ、ええ~。

あの大佐、ジム・キャリーだったんだ!!!


・・・・と、思わず書いてしまったが、自分がお間抜けな事を、またも告白してしまったようなものだな。
いい感じのあの人は、ジム・キャリーだったんだ。知らないでみていて失敗しました。


キック・アス




最近観たい映画がたくさんあるのになかなか見に行けなくて、2月はせめて一本見ようと選んだのが「キック・アス2」。

私的にはクロエ・グレース・モレッツが、可愛らしく美しく成長してくれていたのが嬉しい限りです。

前作「キック・アス」もとっても面白かったし主人公のキック・アスに魅力を感じたのだけれど、どうしても少女でしかないヒットガールが痛々しくて、感想が書けなかったのです。

な~んとなく児童虐待に感じてしまって、そんなふうに感じる人って他にいないのかなあって思ったりもしたのですが、でもそんな事を言ったら、うるさいPTAは引っ込んでろとか言われそうな人気ぶりで思わず沈黙の構え。

だけどそんな少女もほんのちょっと大きくなってくれると、そう言った「見ていて痛々しい感」が無くなってくれたのがホッと出来る所。


思う存分やっちゃってください。
ヒット・ガール。


と言っても、残酷シーンは結構ありで、見ていないシーンも数分あるかも。だからといってその分の返金はないよ、もちろん。


この映画は、まったく純な感じの青年が出てこようが美少女が出てこようが、人の良さそうなおでぶちゃんなどが出てきていても、ブラックユーモアを愉しむ映画なのかもしれません。

そんな黒いユーモアが分かる人には、かなり面白いと思います。


しかし、私的には、あれはいいのかって思ってしまう。

ちょっとだけネタバレ感想・・・。


キック・アス3



デイブのパパさんが大変なことになってしまうのは、あの青年のせいじゃないの。
だけどあの人は、あんなに簡単に許されちゃって良いのかと。

それともデイブはその経緯を知らないから、ああいう展開なのかしらと、少々納得がいかないような気がしました。

マザー・ファッカーは、いろいろ気の毒。
ママを失って、いつも力になってくれる執事を失って、暴走。そして最後は体のあちこちを失って・・・・

でもしぶといネ。

最後に、これで終わりと言って仲間を解散させたけれど、体を鍛えるその側にはキック・アスの仮面が、なんとバージョンアップしているじゃん。

これってまた続編を意識していたりするのかなあ・・・。

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

「記憶屋 あなたを忘れない」

記憶屋 あなたを忘れない4


『第22回日本ホラー小説大賞で読者賞を受賞した織守きょうやの小説を、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介主演で映画化。大学生の遼一は年上の恋人・杏子にプロポーズするが、その翌日から彼女と連絡が取れなくなってしまう。数日後に再会した彼女は、遼一の記憶だけを失っていた。信じられない思いの遼一は、人の記憶を消せるという都市伝説的な存在「記憶屋」のことを知り、大学の先輩で弁護士の高原に相談して杏子の記憶喪失の原因を探り始める。幼なじみの真希や高原の助手・七海らと調査を進めるうちに、人々の中にある忘れたい記憶やその奥にある思いに触れていく遼一だったが……。ヒロイン・真希役に芳根京子。遼一の記憶を失う恋人・杏子を蓮佛美沙子、弁護士・高原を佐々木蔵之介がそれぞれ演じる。監督は「ツナグ」「僕だけがいない街」の平川雄一朗。』映画.comの解説より


これを ↑ 貼ってしまう辺り、かなりの手抜きですね。(^_^;)


けっこう切ないお話でした。


画像の下は、ほんのちょっぴりのネタバレ感想です。

記憶屋 あなたを忘れない3記憶屋 あなたを忘れない2記憶屋 あなたを忘れない1


人には忘れなければ生きていけない記憶ってあるのかもしれませんね。


記憶屋さんも、愛する人を奪われたくないと思う、普通の人間だったのです。

だけど記憶屋さんが、自分の願いから、彼女の記憶を奪ってしまった事は許されるわけもなく、結局は自分自身も孤独な人生を選択せざるを得なくなってしまったのではないかしら。

この先の記憶屋さんの未来を思うと、寂し過ぎて切なくなりました。



tag : テレビで見た映画 wowow 邦画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line

「恐竜が教えてくれたこと」

恐竜が教えてくれたこと

2020年3月公開。

また大変な時にやっていたのですね。

ポスターをトップに持ってくると、感想を書くのが楽だなと、ふと思ってしまいました。大事な事がかなりそこに書いてあるような気がします。

例えば原作がアンナ・ウォルツによる児童文学「ぼくとテスの秘密の七日間」だとか。

この本は、第61回青少年読書感想文全国コンクールの小学校高学年向け課題図書なのですって。

テスのお母さんは、12年前にテスを産んでシングルマザーなんだけれど、そのいきさつって言うのも原作の方にも書いてあるのかしら。それを12歳にもなっていない子たちに普通に読ませて感想を書かせるんだなと、違った所で「ハーン」とか「へぇ」とか思ってしまいました。


だけどこの物語、とっても良かったです。3月17日、録画してあったものを見ました。

サムは「地球最後の恐竜は、自分が最後だということを知っていたのか」と思い悩むような少年で、時には一人で過ごす訓練を自分に課したりするのでした。

恐竜でなくても、最後のひとりになるかもしれないと言う部分は、ちょっと胸に迫ってくるものがありました。

今はそうとは言い切れませんが、数年前までは友人は皆年上でした。

普通に順番に逝くとしたら、私がみんなを見送るのかしらと、何やらやるせない様な気持ちになったものです。


サムは家族でバカンスに訪れたこの美しいオランダの島で、テス以外にもいろいろ人と巡り会います。


愛する妻を失ったのち、ほとんど一人で生きている海辺に住む老人ヒレなどとも。

ヒレは言います。

「いつか別れてしまうかもしれない。だから想い出を一杯作るのだ。」と。

ヒレは妻を失っても、彼女との思い出がたくさんあるから、たった一人でも豊かに生きているのだと思いました。

大事な事で、しみじみと胸に刻みました。


でもサムのお蔭で、また人とのつながりが出来たことは良かったですね。

テスのパパとの奮戦エピソードも良かったです。

辛い何かがあったら嫌だとドキドキしてしまいました。

イイ感じの終わり方を迎える事が出来たので、安心して子供たちと見る事が出来るお話だと思いました。


サムの家族たちも家族をとっても大事に思う人たちで、ほっこりしました。




恐竜が教えてくれたこと2


tag : テレビで見た映画 wowow 洋画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line