FC2ブログ

ガタカ

ガタカ(1997) - goo 映画

dakata
6月28日ムービープラスにて


 遺伝子操作で優秀な適格者が中心に生きる近未来で、夫婦の自然な愛で生まれてきたヴィンセントは、生まれながらに心臓病と言う死因とその寿命を予測されていた。わずか30歳。最初の子供が病弱であったことから両親は、次の子供を、その時代ではそちらが普通と言う選択で子供を持つ。当然弟は優秀で、あっと言う間に背丈も追い越していく。弱視で歯並び悪く、弟と競い合っても負ける事ばかりだ。
 そんな彼は希望を宇宙に見出し、何時しか宇宙パイロットに成る夢を見るようになっていた。

両親には彼への愛は充分にあったと思う。ただ、その肉体の限界を知っているだけに、お前には出来ないと言ってしまう。それは愛するゆえかも知れないが、ヴィンセントを失望させていく。現実は社会に出ようとするときにやってきた。「神の子」と呼ばれ自然体で生まれてきた彼は、尿検査や血液検査の遺伝子検査のみで、しかるべき職業に付ける可能性はない。

そんな彼だが、ある日弟アントンとの競泳で勝つことが出来たヴィンセントは家を出て、社会の底辺で掃除人として生きていた。

だが夢をあきらめ切れない彼は密かに体を鍛え、宇宙について学んでいく。だが、遺伝子の壁は乗り越えられない。ついに彼は優秀な遺伝子を持ちながら、それゆえに悩み自殺未遂の果て足の不自由になったジェロームと契約を結び彼に成りすますことにした。
         
       ※      ※      ※

  なんだか夢中になってあらすじなんかを書いてしまいました。続きが気に成る方は一番上のgoo映画のところからストーリーをチェックしてくださいね。私らしくなく、その物語を書いてしまったのは、この物語を知ってもらいたいという思いが生じたからかも知れません。

 静かに進んでいくSFでしたが、サスペンス色も強く魅せられます。
ユア・サーマンが知的な女性局員を演じていたのも魅力的でした。ヴィンセント役のイーサン・ホークの不屈の人と言うイメージも良かったです。ますます好きになりました。でも、印象深かったのはジュード・ロウのジェロームでした。

水泳の選手として名を成していますが、その力は「金」の実力がありながら、銀に甘んじていることに絶望して死を選ぼうとしていたのです。優秀なものにはそれなりの絶望かも知れませんが、ヴィンセントからしてみればくだらない悩みに聞こえたかもしれません。

 でも、彼らは二人で一人。その友情のようなものがとっても素敵でした。

地球には居場所がないと感じ宇宙に憧れていた彼ですが、その地球での居場所があるということを感じながら、宇宙に飛び立っていくラストが心に残りました。

また、同じとき彼を思ってジェロームがした決断がショックで悲しく、この物語をグッと締めたと思いました。

ゾンビも爆発もなく、銃撃戦もない、地味といえば地味かも知れませんが、こんなSFはたまらなく好きです。

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : イーサン・ホーク ジュード・ロウ ユア・サーマン

line

カメレオン

カメレオン
カメレオン - goo 映画


7月7日友人と映画館にて。


―30年前に松田優作のために書かれたシナリオを―と聞けば、「蘇る金狼」または「野獣死すべし」の流れかと思ってしまうではありませんか。それにしては、お知らせなるものの少なさ、上映館の少なさで、低予算ポイのはなぜかと思っていました。

なるほど。 、どちらかと言うと優作の「遊戯シリーズ」のイメージだったのかと納得しました。しかも、当時この脚本では予算が掛かり過ぎると却下されたと言うのです。それなのにそれを今に持って来ると、かくのごとく低予算を感じてしまうのです。どれだけその当時の彼らが、予算の無い映画を作っていたのかがうかがい知ることが出来てしまいます。

劇中で主人公伍郎は「ああ、昭和が懐かしい。」なんて脈絡の無い呟きをはいたりします。

でも、私はこの映画自体が、舞台は平成の現代であっても、ツーンと昭和の場末の映画館の香りを放っていると感じてしまいました。


「遊戯シリーズ」は未見です。見ていない映画のことは書けませんが、優作のそんな映画の一つである「乱れからくり」と言う映画は見たことがあります。前売りでもないのにチケット売り場でポスターを貰いました。
こんなやつです。乱れからくり

その当時、最初ははずっと放置していましたが、「蘇る金狼」で心奪われて、机の脇に転がっていたそのポスターを部屋に貼り、日夜「かっこいい~」と眺めていました。それは若き日の思い出ですが、香りと言うか匂いで分類するならば、これはそんな映画と同じなのかと思います。


 面白くてかっこいい、中味なんか何にもなくて後に残るものなし、だけどずっと忘れない、そんな映画の醍醐味をたっぷり堪能遊ばしませ・・・・


            カメレオン2



 ストーリーに関して言えば、辛口ですが、何も30年も暖めてくることもなかったのにと思ってしまうのですが、年月を経ても埋もれさせたくなかったのは、野田伍郎というキャラなのかと思います。

25歳にして人生の裏を生ききってしまった男。その変化激しい表情から、南半球からしか見えないカメレオン座の男と位置づけたその男には、なんともいえない引き付けられる魅力があります。
深く暗い道を歩いてきた男ですが、その心の中の野獣を奥に閉じ込めて、優しい小悪党として描かれています。
そしてこのような映画の醍醐味は、怒りによってその野獣が解き放たれる瞬間だと思うのです。


その瞬間―そのシーンこそは藤原竜也でなくてはあり得なかったと言う気魄を感じました。
その後のアクションは、もう本当にカッコイイのです。自分の中の野生さえもが解き放たれるようなそんな感覚がします。

全体的にアクションシーンは、一つ一つのシーンが丁寧に作られていることが伝わってきます。計算なのか、それともこなれて来ていったのか、そのアクションシーンでも最初の方は、かなりバタバタした感じになっているのに、ラストではそれは舞うが如くで堪りません。
そのアクションシーンの違いは、やはり野獣が眠っている時と目覚めた時の差といえるのかもしれません。

机の上を走って飛び降りるシーンなどは、一瞬のシーンであっても美しく飛べるように、置いてあるものの間隔が計算されていると、友人などは細かい所も見ていました。
やたら細かい感想ですが、丁寧な手作り感がしたので見るほうも細かく目が行ってしまったようです。

最後のとぼけたような終わらせ方、醒めたラストシーンもなかなか良い感じでした。


 ただ、この映画の作り手達はどうも心優しい男達のようです。書くとネタバレになるので書きませんが、非情には徹しきれない甘さがあるかもしれません。
でもその甘さが、私などにはちょうど良いような気もしてしまうのです。

詰めも甘いと思うのですが、それは次回に繋げたいと言う願望の表れでしょうか。それは早くも私の願望にもなってしまいました。また野田伍郎という男に会いたいと、私も願っています。


         カメレオン3



 蛇足のような話ですが、一緒に行った友人はいつもエンドロールの途中の暗いうちに席を立ちたがって、時々私をイラつかせます。大昔の二番館で物語が終わった途端に起きる 、席取り争奪バトルの名残でしょうか(そんな事言っても、分かる人にしか分からないと思いますが・・アセ)
でも、この映画エンドロールの時に映し出される藤原竜也の顔を見ていたら、あっと言う間に終わってしまい、友人は席を立つ間もありえず、私はイラつくことはありませんでした。

短いエンドロールでした・・・。それとも竜也に見とれていて短く感じただけでしょうか。



theme : 映画感想
genre : 映画

tag : カメレオン 藤原竜也

line

カイジ2~人生奪回ゲーム~

カイジ2~人生奪回ゲーム~ - goo 映画


カイジ1


11月5日初日の初回に見てきました。

映画館で「カイジ2」の予告編を見るたびに、なんだかワクワクしてきてテンションが上がっていました。
ドキドキ・ドキドキ
原作を読んだ時の、あのたまらないドキドキ感を脳が覚えているからかしら。

パチンコ篇は鉄骨渡のような命がけみたいな事はなくても本当に面白いのですよ。(原作の話。映画ではありましたね。王女と奴隷ゲーム)

だけどこの勝負、一発逆転とか、右か左かの究極の選択と言う勝負じゃないから、地味な戦いに感じる人もいるのかもしれないなと思いました。
この勝負の面白さは、思索に秘策を重ねて沼に臨んでも、結局はその沼には、叶わなかった所。

なぜなら敵も人生がかかっていてプライドも何もかもかなぐり捨てて必死だからです。

ああ、もうだめだ・・・
ああ、もうだめか・・・

が、そこでカイジが閃いた究極の一か八かの勝負。

みんな、おらに元気を分けてくれ!

おいおい、銀玉は元気玉じゃないって。

イヤ、失礼。「ああ」の所から、実は私の妄想。そんな風には描かれていません。
実は描いて欲しかった。

もうだめだ、もうだめだ・・・・
俺にすべてを託してくれた地下のみんな、どうか許してくれ。
だけど、テレビ中継でカイジの勝負を見守る仲間たち。帝愛はあがこうとしてもムダなんだと、カイジの戦いを中継していたのです。信じて必死で祈る姿の仲間たち・・・・


こんなシーンが、この映画では欲しかったと思いました。

戦いの動向に一喜一憂して、身悶えしているのは、伊勢谷支配人。
彼に、その担当を一気に担わせるから、伊勢谷さん目立っていました。


個の破滅と複数の破滅。
カイジの勝負には、帝愛で生きるものから見たら「甘っちょろい」仲間の救済もかかっていたのです。
そこのところをもっと際立たせてもらいたかった・・・・・と後から、ちょっと思ってしまったのでした。

しょっぱなから、こんな事から書いていますが、実はかなり楽しんでみました。
この映画は娯楽作品ですから「おもしろいな~~」と思えることが一番のポイントなんですよね。

しかも足りない部分は何故だか勝手に脳内補完していたのです。それは原作を知っていたからじゃないかと思うのですよね。知らない人が見たら、やっぱり目立つ演技をしていた人の方に目がいくのではと思ってしまいました。
伊勢谷友介、好きな俳優さんでこの役にぴったりです。

藤原竜也はどんどんカイジになっていくと言う感じがしました。
もちろんダメ男になって行くと言う意味ではありません。


それから音楽が良かったなと思いました。
あの音楽、ワクワク感を高めました。


以下ちょっとだけネタバレ感想です。

カイジ2


カイジのラストはお決まりで、彼が億万長者になってたりしたら続編は作られないわけで、あれで良いのかなと思いました。
いざと言うときはヤル人だけど、普段は・・・・
楽しんだと言う割には今回文句が多いのだけれど、あんなに苦労して抜け出た地下帝国に、あっという間に戻っていたと言う設定は、ちょっと工夫が欲しかったです。

利根川のカラクリは分かりましたよね。
でも演技が凝っているし(利根川の)、なんたって手作りEカードが笑えました。
だいたい
「蛇でいてくれてありがとう。」とカイジ、前回は言っていたのにミラーに映った裏を見てほくそ笑むなんて姑息。
そんな所がカイジなんですね。
利根川の勝負の仕方は、勝負にもって行った段階で既に勝負に勝っている所。将棋にしろEカードにしろ、そんなの最初からやる気がないので、相手に信じられないくらいの良い条件を惜しみなく出してその気にさせてしまうのですね。

勝負じゃなくて、いわば詐欺。
だけどカイジったら学ばないんだから、もう。

でも味方の時は心強かったです。
「覚悟だ、カイジ。」
伏線の張り方が上手かったですよね。



生瀬勝久の坂崎のおっちゃんぶり、良かったです。なんかホッとできるキャラでしたね。

吉高由里子の石田裕美も良かったです。
彼女が最後に言った
「ありがとう、カイジ」に救われたような気がしました。

カイジ4


カイジ3

一条に復活の日は来るのか!?

カイジ5



theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : 香川照之 藤原竜也 2011年に見た映画 邦画 映画館で観た映画

line

鑑定士と顔のない依頼人

鑑定士と顔のない依頼人

1月8日、今年最初の映画館で観た映画はこれです。
昨年、何とか時間を作っていきたかったのですが、ちょっと無理だったのですが、調べてみるとかなり評判も良く、年が明けたからって公開時間が遅い時間になったり回数が減るといった雰囲気ではなかったので、ゆっくりと行くことにしたのです。

だけど、どうせ行くのなら午前中に出かけ、これを見た後に気持ちを切り替えるためにもう一本お気楽なやつとかヒューマンドラマとか梯子をしたかったと思ってしまいました。

この映画についての詳しい解説は次の所などを参照していただければと思います。→ここです。

もしもこの作品を家で見ていたら、私はまず手もみをし、そしてコーヒーを淹れに行って、意味もなくパソコンをつけたり冷蔵庫の中のプリンなどを食べて甘味補給。
要するに落ち着かない・・・・。

この映画はサスペンスなのです。ちゃんと作品紹介でもジャンルが出ているので、ここまでは言っても良いと思うのですね。
でもそれが最大のネタバレなんじゃないかと思うのです。

なぜならこの先何が起きるのか、誰がと言うのも含めて、ホントかよと思われるかもしれませんがセリフから最後のシーンまでなんかわかっちゃう。
だけどそれあまり関係がない。

私たちは目撃者です。
「ああ」と思いながら「うう」と歯がゆい思いをしながらドキドキしながら見てるしかないのです。


しっかし、素晴らしかった~、彼のコレクション。

見覚えがあるものもちらりほらりで
「えっ、何であれがここに」っていうのもありますよ。あれらは本物を借りたのでしょうか。

それが知りたくて、ネットの中をうろうろしていたら、素敵なインタビュー記事を見つけました。→ここ。

それによると模造品は9割で〈だよね〉、でも1割は本物なのだそうです。

そこ見ているだけで、ワクワクしますよ。

そしてそれらの美術品は、どこの何を模造したのか、また借りたのかがエンディングに流れているのだそうです。
その時、頭の中は映画の内容の余韻でいっぱいでしたので、まったく見ていなかったように思います。

それ、知ってたらなあ。

この映画、2回目は1000円で見られるというサービス付きです。

でもエンドロールを見にまた行くという事はないと思いますが、次回この映画を見る機会があったら、そこもチェックしたいと思いました。

以下はネタバレ感想です。


鑑定士と顔のない依頼人2



あんな美術品のコレクションを見せつけられて、この映画はサスペンスとくれば、この先主人公オールドマンに何が起きるのか予想がついてしまったというわけですが、しかも作品の量を思うと、窃盗団と言う単位のはず。

だったらあの人もあいつもこの人も…ああ、まさかこの人も・・・・と気持ちがざわざわしました。

映画館の中では心がどんなに落ち着かなくても、いい子でじっとしているわけですが、どうか予想を裏切ってくれと顔などをなぜなぜしたいような衝動と戦っていました。

でも物語は予想通りに進んでしまいました。

ああ、痛いと思ったら、その痛みばかりが気になってしまうものなのかもしれません。

オールドマンが気の毒でかわいそうで、その痛みにばかり気持ちが持っていかれました。それでこの映画を見た直後はショックのあまり、お気楽なものを見たいと思ってみたりもしたのですが・・・・

自分の気持ちを納得させたかったのか、私はずっと昔、子供の頃に見た「雲霧仁左衛門」という映画を思い出しましたよ。
丹波哲郎の扮する豪商に嫁ぐ岩下志麻。絶世の美女ですが後家さんと言う設定で世話をしてやってくれと頼まれるのです。でも美女なので有頂天です。しかし彼女は雲霧の情婦。婚礼の夜、蔵の中の物からすべてすべてを持って行っていかれてしまいます。
「高い、高い買い物をしてしまった。」と呟く丹波。このセリフ、何でだか救われます。

そう、この恋も高くついただけ。

でも時間が経ってその痛みが引いてみると、さらにいろいろなものが見えてきたのです。


最後までその人だけは信じたかった長年の相棒ビリー。

でも彼が絵を送っておいたよと言った時、それも胸が痛かったです。

彼は言っていました。一枚でも私の絵を認めてくれれば―
最後に絵を送ったと言われた時にも、ジョークであってもオールドマンは
「燃やさないように努力するよ。」みたいなことを言うのですね。

長年の相棒であっても彼の作品だけは認めなかった、天才鑑定士。

だけどすべてのコレクションを失って、オールドマンが大切に引っ越した先まで持ってきた一枚の絵は、そのビリーの絵。

他の者はいざ知らず、だけどビリーの動機は、そこにあったんじゃないかなとも思ってしまったのでした。




研究しつくされていたオールドマン。

ようやく姿を見せたクレアは、まるで絵画の中から抜け出たような人でした。〈シルヴィア・ホークスは本当に美しい人だと思いました。〉

床に無造作に置かれた機械の部品も、彼なら絶対に見逃がさないとその能力に絶大な信用があったからこその計画だと思いました。



完璧な服装と態度だけど、高級レストランでも自分専用の食器を使い、外では手袋を外せないような男だったオールドマン。ラストシーンとの対比が素晴らしかったです。

待ち合わせだと彼は言い、ちょっと体を伸ばしてその待ち人を待つしぐさ。

切ない切ないお話でした。

得たものはあったと思います。悲劇のみではなく。

だけれど、

高い、高い代償だったと思いました。




〈もう一回見るとき、チェックしたいのは窓際クレアの数字のつぶやき。救急車は144って言わなかったっけ。それはともかくあの時救急車を呼んだのは誰なの。〉



監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
音楽:エンニオ・モリコーネ
出演: ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、シルヴィア・ホークス、ドナルド・サザーランドほか

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line

仮面病棟

仮面病棟2

一番の印象。
永野芽郁はやっぱ、可愛いな。
って、それかな。

映画館で予告編を見た時、なんかつまらなそうだな、私には合わないなと思いました。だけどWOWOWでやるなと分かった時、食わず嫌いもいけないなと見てみたのです。

普通に面白かったです。
確かに、なにげにミステリーをけっこう読んでいたり、映画やドラマをかなりの量を見ていたりすると、最初の段階でだいたいいろいろと予想がついてしまう方は多いと思います。でもこれはかなりの作品がそうだと思うのです。

最初の段階で、自分でおおよその予想を立てる・・・・。それを物語が進むうちに、その予想との距離を測って見ているのです。
その距離が自分の予想と重なってしまっては、実はがっかりな作品になってしまい、それが離れているほど傑作に感じたりもするような気がします。だけど予想と物語の線が重なっても、がっかりな気持ちにさせない心情的に訴えるストーリーや、目を見張るようなトリックがあったりすると、やはり評価が上がったりするのですね。

この作品はどうかと言えば、最初に思った予想通りに進んでいくので、ちょっとながら見をしていました。だけど細かいトリックで、「そういう事だったのか。」と思う事があって、ただそれだけで、私の中では面白く感じる気持ちが上がるのです。
(単純なんですね (笑))

ただ、ちょっとなと思う事が・・・・!



《以下はネタバレしています。》

ヒロイン瞳の気持ちは分からないわけではないのです。
その怒りは、自分に当てはめて考えると、本当に「復讐したれ!!」と言う気持ちになります。もちろん小説や映像の中に限っての事だから言っているのです。

ただ彼女、どさくさに紛れて、一人、自分の都合で仲間になってくれた人を殺していませんか ?
あれは、描かれていなかったのですが、昏睡状態だった時とかに、性的虐待なんかを受けていたとかあったのでしょうか。
そんなシーンか何かを「ながら見」だったので見落としてしまったのでしょうか。

ラストに近いあのシーン、単にイケメンの速水を助けるために、仲間を切ったように感じ、それだけでこのヒロインは地に落ちなと思いました。

どんなに惨い理由があったとしても、多くの人を殺害したら殺人犯です。そしてラストはこの殺人鬼は世に放たれてしまうのです。

確かに余韻は残り、単純な私などは「捕まらなくて良かったな。」などと、ちょっとだけ思ってしまったように思います。

でもやっぱり・・・・・
と思ってしまう所ありです。

仮面病棟




theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : wowow テレビで見た映画 邦画 サスペンス 1月に見た映画

line

「監視者たち」

                   監視者たち



1月にテレビで見た映画の感想は書き終えたと思ったら、まだ一つ残っていました。

出て来たヒロインが、凄く綺麗な人だなと思っていたら、なんと「トンイ」のトンイだったことが、後から分かり、トンイの時には、そんなに美人とは思って見てなかったので驚きました。

化粧の仕方によって、「可愛い」から「美人」と印象も変わったりするのも凄いなと思いました。化粧と言うかメイクによってイメージが変わるのは男優さんも同じだと思います。

前に「殺人者の記憶法」という映画を見たことがあるのですが、その時のアルツハイマーの殺人者と特殊犯罪課のリーダー、サンジュンと同じ人とは、まったく気が付きませんでした。

サンジュンはソル・ギョング、『トンイ』のトンイが演じる新人刑事はハン・ヒョジュ。


娯楽作品として、けっこう面白いし、日本でも設定などを変えてリメイクされそうな内容だと思いました。

敵役ジェームズのチョン・ウソンも、かなり抜け目なく怖くて、お話を盛り上げたけれど、私的にはもっとさらなる怖さを求めていたように思いました。ラストが少々あっけないような気がしてしまったからかも知れません。

だけどソル・ギョングの他の作品は何本かチェックをしておいたので、この人の作品は少し続けて見てみようかと思っています。


『警察の犯罪組織監視班と武装犯罪グループの攻防を描き、韓国で観客動員数500万人以上の大ヒットを記録したサスペンスアクション。類まれな記憶力と鋭い洞察力を持つ女性刑事ユンジュは、特殊犯罪課内で凶悪犯の行動監視を専門とする班に配属される。そこで彼女は、ベテラン班長サンジュンら新たな仲間たちとともに、犯罪組織の冷酷なリーダー、ジェームズを追跡。ところが、頭脳明晰なジェームズは緻密な計画で監視網を巧みにくぐり抜け、完全犯罪を次々と成功させていく。』映画.COMより


theme : Amazonプライムビデオ
genre : 映画

tag : テレビやPCで見た映画 1月に見た映画 韓国映画 2021年に見た映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line