FC2ブログ

ミスト

ミスト - goo 映画
5月28日、映画館にて鑑賞。

001528.jpg


ある時突然、この映画が見たくなってしまい、友人を誘って見に行ってまいりました。

私はこの映画の予告編も見る機会もなく、または題名すら事前の情報として持っていませんでした。が、数日前子供が「ミスト」という映画を見てきたと言うのです。
「面白かった?」と聞くと、変な顔をします。不思議に思って
「良かった?」と聞きなおすと、首を傾げるのです。
「つまらなかったわけ?」
「いいや、ぜんぜん。」
「ああ、普通ってことね。」
「普通というわけではない。」

面白くもなく、良くもなく、つまらなくない、しかも普通でもない映画・・・

もしかしたら観るかもしれない私に、配慮して言ってくれたなぞなぞのような彼のコメントでした。だけど、我慢できなかったのか、その後彼はとんでもない過激発言を一言。
でも、それって、今思うとかなりのネタバレ。誰もが予想できる事だから良いと思うけれど。


「ただ、俺さ、あいつが死んで、スッキリしたぜ。」

その後、テレビでやっていた「グリーンマイル」のその最後の所だけ再び見て、同じ監督の作品だと思うと、いきなり行く気満々モードに成ってしまったと言うわけです。でも行く直前に、子供に
「ホラーだよ、一応。」とジャンルを告げられると、ちょっと驚きましたが、引くどころかさらに行く気がアップ。私と友人はスプラッタは苦手でもかなりのホラー好き(ちょっと矛盾してるかな)。


見た後で、公式サイトや映画サイトの予告編や情報を読んでみました。
「ラスト15分の衝撃」と謳っていたのでしたね。ラストは確かに衝撃でした。でも、予想できてしまう結末です。そうであっても、心に残らなかったと言うわけではありません。


永久に晴れることのない霧の国の住人になってしまったような、そんな後味が残る作品だったと思います。

<以下、ネタバレしています>

more...

theme : 映画感想
genre : 映画

tag : ミスト

line

「ミッドサマー」

                   ミッドサマー



なんだか映画館での公開当初から、かなり話題になっていて、凄く気になっていた「ミッドサマー」をようやく2月24日に見る事が出来ました。

前にそれを映画館で見た息子君に

「あれ、怖いの?」と聞くと、

ホラーと言うより、儀式をいかに忠実に行ったかの映画だ。」と答えられたのでした。なんだかさっぱり分かりませんでしたが、見た今となっては分かります。

確かに「儀式をいかに忠実に行ったか」の映画でした。

ただ、私の常識は世界の常識ではないかも知れないと言う、そこに恐怖があったかもですね。

このホルガという集落の常識は、この世界の常識なので、村人は皆ニコニコ。よそ者は恐怖に震えます。

これはWOWOWの「W座からの招待状」の枠で放送されたのですが、そこでの小山薫堂さんの感想に共鳴しました。

つまり、みんなが同じ事に共感する社会と言うのは、なんて気持ちが悪いんだろうかと言う事。

快楽も悲しみも共有する社会。シェアする社会。「共有」「シェア」、みんなが目指す理想の未来は、もしかしたら気持ちの悪いものなのか・・・・っていう所に。

やっぱり「みんな違ってみんな良い」が良いのかも知れませんね。


この映画、そんなに素晴らしいとは思えないのですが、だけど好きな映画です。どうしてかと言うと、見た後に、ふとこの映画の事を考えている私がいました。キッチンを片付けている時、お風呂に入って湯船に沈んでいる時、「あの映画はさ・・・」と考えている。

映画を見る醍醐味は、その後どれだけ、その映画の余韻に浸れるかにもあると思うのです。

ところで、私、この映画を見て、とある映画を思い出しました。

それは、ニコラス・ケイジの「ウィッカーマン」。

それの感想は→「ウィッカーマン」

しかしその感想を読み直したのですが、私は吃驚しました。

「常識」とか「後からずっと考えてしまう。」だとか、そのような内容が、この「ミッドサマー」と同じように書かれていたのです。

つまり「同じ感想」と言う事なんですね。

まあ、あちらの映画の方が、憎しみが前面に出ているので、後味の悪さはちょっと勝っているかもしれないです。


次の画像の下に又もほんのちょっとのネタバレ感想を書こうと思います。

だけどその前に、

ヒロインのダニー役は、フローレンス・ピューなんですが、監督(アリ・アスター)の話によれば、ラストの撮影が、彼女の叫ぶシーンで、かなり何回も叫ばしたので、きっと声が枯れたに違いない。そのまま次の撮影に向かったのだが、その監督に申し訳ない事をしたとあったので、笑えました。その次の作品って言うのが、「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」で4女のエイミーだったのですよ。

またこれはネットで教えてもらったのですが、あの飛び降りちゃう気持ちの悪いお爺さんは「ベニスに死す」の美少年、ビョルン・アンドレセン。

「時は残酷」と言うより、私は彼がこんな風にお仕事をしているんだなと思えたので、なんとなく嬉しかったです。


ミッドサマー3


死は再生の始まりのような死生観の人たちとは、争えないな、怖いなと、最初は思ったのですが、でもよくよく考えてみたら、この人たちの中にだって100の確信があるわけではないなと思いました。なぜなら100そう信じていたら、差し出す命を外部から持ってくる必要はないのではと思うからです。

外部から6個命がやって来て、彼らは「歓迎」と言う言葉でニコニコとしているけれど、あれは絶対に「ラッキー」てなもんでしょ。

またイギリス人が消えた翌日のミートパイは何の肉かと、ぶるぶると震えて見ていました。答え合わせはなかったけれど。陰毛がどうのこうのと言う事は、そちらが気になってどうでもよく感じてしまったり・・・・w

90年に一度の祭り。

それが終わったら、彼らの生活はどうなるの。

ペレの両親は火に焼かれたと言っていたけれど、この祭りで ?

90年に一度ではないのか ?

これは2時間50分の「ミッドサマー ディレクターズカット版」があるので、いつか機会があったら、それを見るべきなんじゃないのかなと思いました。

ラスト。

なぜダニーは最後に微笑んだのか・・・・・?

監督によって

「「ダニーは狂気に堕ちた者だけが味わえる喜びに屈した。ダニーは自己を完全に失い、ついに自由を得た。それは恐ろしいことでもあり、美しいことでもある」と脚本に書き付けている(ウキィより)

よく分かりませんー。

難しい~。


ミッドサマー2


theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : テレビで見た映画 wowow 洋画 2021年に見た映画 2月に見た映画 ホラー

line

「未来のミライ」

未来のミライ

2018年7月公開作品。

3月4日の朝、録画してあったものを見ました。

ふと、ああ、何でこれを今日見たのかな、何か意味があったのかなと感じました。

なぜなら今日は妹の誕生日。

彼女の誕生日を「ああ、そう言えば・・」と言う事はなく、ラインで言葉を贈り合い祝いました。

あの日の朝、妹が生まれたのは嬉しい出来事でした。だけれどその日から、私の長い苦しみは始まったのでした。

その苦しみは、一番下の妹が生まれる日まで続き、そして一番下の妹が生まれた時から、すぐ下の妹の苦しみが生まれたのです。

「エデンの東」をリバイバルで映画館で見た時に、滂沱の涙を流しました。それは愛する者を疎ましく思う経験をした者なら、いや、そういう者でなければ分からない感情に違いないと思うのです。

アベルとカインの時代から、これは人類のテーマなのだと思います。

「人類」などと大きく書きましたが、人類と言うものは、大きなことから小さなことまで複雑な解決できない事をたくさん抱えているのではないかしら。

4歳のくんちゃんは、お母さんが赤ちゃんを連れて病院から戻ってくるのを楽しみに待っていました。

だけどくんちゃんはその後、上に書いたような人類の小さくて大きな問題と戦っていくと言うお話でした。


まるで動く絵本のような内容だと思いました。

くんちゃんの気持ちがいちいち胸に突き刺さり、辛く感じました。それは自分の子供時代を思い出すと言うより、二人の子供を育てた母としての視点から見た、子育ての後悔にのようなものを感じたからかも知れません。

ただ、想いは胸に突き刺さりはしたものの、お話自体は私的には退屈なエピソードもあり、ちょっと映画館では見なくて良かったと思いました。

「私はかつてこの家の王子だった。・・・・お前が来るまでは。・・・・・あの時私は知ったのだ。愛を失ったのだと。」と語るワンコのうっちの擬人化された姿は好き。



未来のミライ2


「映画COM」の平均評価の星の数は低い。レビューなどを読むと、どうもくんちゃんの声に違和感があったらしい。確かに4歳児の声と話し方ではなかったが、別にどうって事もなかった。ただ、彼女が声に選ばれたエピソードを読んだ時、初めて違和感を感じた。オーデション会場で、彼女が部屋に入って来た時に「この人だ。」と思ったらしいが、ちょっと首を傾げたくなった。今、勢いのある人だから選ばれたのではないかと思った。

くんちゃんよりも、星野源と麻生久美子がそのままセリフをしゃべっているようなお父さんとお母さんのシーンの方が、ちょっと辛かった。台本を持ってマイクの前で話している姿が目に浮かぶのだ。

日本には声優と言う立派な職業がある。

声はプロに任せて、質を上げた方が良いと思うアニメは確かにあるなと、時々感じ、この作品はそこでちょっとマイナスになってしまったかもと思った。


あの時戦争からおじいちゃんが、命からがら戻って来たから、そしてあの時おばあちゃんが、足の悪いおじいちゃんとのかけっこでわざと負けてあげたから、今、くんちゃんはそこにいるー。

しみじみとそうだなと思いました。


そう言えば今日は祖母の命日でした・・・・。



未来のミライ3


theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : テレビで見た映画 wowow 2021年に見た映画 3月に見た映画 アニメ 細田守

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line