FC2ブログ

ウーマン・イン・ブラック

ウーマン・イン・ブラック

まだ一月にwowowで見た映画の感想を書いてます。

「ハリーポッター」のラドクリフ君の主演作品。

って、こういう書き方って、あまり良くないかもね。あれだけ長いこと一つの映画の主役をやっていると、何とかの何々といわれるのは仕方がないことだけれど、一応シリーズは終了したわけだから〈まだ何か作ると言う噂もあるけれど〉、そこから卒業して行きたいと本人は思ってるかもしれないなんて思いました。

普通に地味にキャリアを重ねて息の長い俳優さんになりたいと、彼は思っているのかなと勝手な妄想をしていたりする私です。

地味にキャリアを重ねるなら地味な作品と思ったのか、なんか今時珍しくさえ感じる、まさしくオーソドックスな作品でした。
この作品を見始めたとき、これは外国のドラマをwowowで放映しているのかとちょっと思ってしまったのですが、すぐに前にテレビでこの映画のCMを流していたことを思い出したのです。

先に言うと、私はスプラッタ嫌いのホラー好きですから、この作品は結構好きですし、恐怖も後からじわじわ来るのです。

だけれど近頃派手で恐怖シーンも半端のないホラーを見慣れた人たちが、映画館に行ってお金を払ってこれを見た場合、どのような満足度を感じるのかなとも思ってしまったことも本音です。


映像は綺麗です。

黒衣の女が潜む怨霊の館。引きずるこまれる底なしの沼。子供たちを失った悲しい村。


この映画は、後から怖くなって一人でトイレに行けなくなるような映画ではないのですが、そのぐらい怖かった「リング」と大きな共通点があるなと思いました。


以下は曖昧に書いていますがネタバレになっていまっているかも。




主人公の青年が、怨霊である黒衣の女の無念な部分を埋めようと奮闘するのです。
かなり努力して。

そしてこの事案は解決したと思うのです〈彼は弁護士〉

ところがその女は何にも満足しないのです。

井戸の中から貞子の遺体を見つけて終わったと思ったヒロインと同じです。でももともと悪の存在であった貞子には、そんなことは何の意味もなかったのと同じで、怨霊に思考力などなくて、怨念だけ。しかも彼女は生前は心を病んでいた狂女であって、もともとまともな思考ができなかったのかもしれません。固執するとか。

要するにそこには逃れられない恐怖が存在する・・・・・。


ネタバレしてるかもじゃなくて、完全にネタバレじゃんと言うところですが、あの努力が報われずめでたしめでたしには終わらないという雰囲気はすぐに分かるので大丈夫だと思うのですが、ラストだけはいくら何でも書けませんね。でも書きたいのでずっと下に書いておきます。
























その女の姿を見た者はその女に子供を殺されるー。
分かっているんだから、なんでもうちょっと注意深く子供を見ていないんだって思ってしまいますよね。結局は助けようとして、親子ともども・・・・・。
でも残酷なシーンはなし。
しかも愛する妻が迎えに来て、ホラー映画にふさわしいハッピーエンドを迎えるのでした。その若き弁護士は最愛の妻を失って失意の極みにいたわけなので、その再会は彼自身が心の底から願っていたことでもあったのです。親子三人で光に包まれて幸せそうに去っていき、黒衣の女は成すすべもありません。要するに負けたけれど勝ったようなものだったかもしれませんね。


theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

二つの「宇宙戦争」

12月にWOWOWで、英国ドラマ「宇宙戦争」をやったので、その時1953年のと2005年との「宇宙戦争」も放送されました。
録画して1月になってから見ました。
一応、ドラマの感想は→英国ドラマ「宇宙戦争」です。

宇宙戦争1953
1953年度版の映画は、子供の頃家で家族と一緒に見ました。
姉や母と、キャーキャー言いながら見たので、メチャクチャ楽しかった思い出しか残っていなくて、それで私はSF好きになったようなものかも知れません。
楽しいと言っても、子供だった私には、かなり怖く感じたのです。
火星人が壊された家の中に入ってくるシーンなどは、本当にドキドキしました。
バリアと言う言葉を知ったのは、その頃のアニメでだったか、この映画でが最初だったのかは今となっては分からなくなりましたが、どんなに攻撃する武器が立派でも、シールドが最強だと歯が立たないと言う事も新鮮だったし、最後のもうだめだと言う時に、勝手に地球の自浄作用によって自滅していくと言うのも、ものすごいどんでん返しに思えたのですよね。
もう最後だと思った時、人々が教会に集まると言うシーンも印象深かったです。

だけど子供心に驚き心に残ったのは、ヒロインの叔父さんである牧師さんが、対話を求めてひとり宇宙船の方に歩いていくシーンです。無茶苦茶な行動なのに、立派な人に思えたんですよね。
終戦後に作られたので、人類最強の武器は原爆だったわけですが、それさえも全く歯が立たず、私はやっぱり怖い、どうなるのだろうとドキドキしたのです。だけどこの時母だけが、「ふん」と言っていました。

映画の素敵な所は、こんな風に誰かと見た記憶が残る所にもあるのかと思います。
今見直しても、この映画は、その時代の最高傑作だと思います。
ただ、原爆での攻撃シーンで、風に吹かれた人々を見て、
「ああ、この人たち、後からみんな死んだな。」と、私は苦笑。そしてあの時の母の苦々しい顔を思い出したのでした。


宇宙戦争2005

私はこのトム・クルーズの「宇宙戦争」も大好きなんです。
恐ろしいほどの地獄絵図を描いたなと思えました。音などもけっこう怖かったです。
その時、普通の人々にできる事は逃げ惑う事だけ。
そして愛する家族を守る事だけ。

だけど守るとは戦う事だと、息子は思い、止めるのも聞かずに飛び出して行ってしまいます。情緒不安に陥っている娘をよく守り、父親は頑張ったと思います。

ただこの作品、かなり評価が低いです。
私などはどこが悪いのかまったく分かりません。

だけど皆さんの低評価のレビューなどを読むと、「なるほど」と思える事も書いてありました。
原作や過去の映画を知らずに見た人の中には、あのラストには納得がいかない人もいて、またタイトルが合わないと言う人もいました。
映画を見るのに、過去作や原作を知っていなければと言う縛りは、基本ないわけで、、映画のみを見て感じたことには一理あると思いました。
あれほどの科学力を持っているのに、リサーチ不足過ぎると言われれば、それは確かにそう思います。
だからこの作品は、むしろ、原作や過去作が好きな人のための作品と思えば、少々の細かい事には片目瞑って見る事が出来、結構楽しめる良作だと、私は思いました。
まあ、ただ、少女は叫び過ぎかも知れませんね。

ちょっとうるさい・・・・かも。

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : wowow 1月に見た映画 テレビで見た映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line