スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「サウンド・オブ・ミュージック」

サウンド・オブ・ミュージック - goo 映画


  サウンドオブミュージック2


こういう映画って、新年にふさわしい華やかさがありますね。
そして時代が何年経っていても、古臭さを感じないところが名作の名作ゆえんだと思います。

テレビ東京で見ましたが、あまりCMも気にならずに見る事が出来ました。やっぱり何回も見ていて先の展開をすべて知っていると言う余裕からでしょうね。

この映画は1965年の映画で、本当に古い映画です。

この作品は、なんと子供会のイベントで近所の二番館で見たのが最初でした。子供だった私にも「ドレミの歌」や「もうすぐ17才」などは楽しくて、ワクワクしました。そしてそんな私にとってのこの映画のクライマックスは、マリアの結婚式でした。

   サウンドオブミュージック3


ところが時代を経て、もう少し大人になってから見ると、そのクライマックスは、トラップ大佐が歌うエーデルワイスの場面に変わっていきました。そしてその場面は涙と共に見る事に。まさかこの映画が泣ける映画だったのだとは子供の時には思いもしませんでした。

その後、子供が幼稚園だったか小学生の一年生だったかの頃、ご近所で映写会なるものを開いて頂き、その広い庭でスイカなどを頂きながら、この映画を見ました。映画の感想と言うより思い出ですが、その時に子供がこっそり「ねえ、この人たちはしょっちゅう歌っているけれど、本当に歌って暮らしているの。」と囁きました。
その頃はミュージカルと言うジャンルは、あまり聞かなくなっていた時代だと思います。

だけど今日、ふらりとリビングに立ち寄った子供が、ちらりと映像を見て
「この映画は知っている・・・・山越えして亡命するやつだよな、たしか・・ええと、『サウンド・オブ・ミュージック』だ。」と言うので、少し驚きました。その内容をその時理解できなくても、成長と共に脳内でゆっくり消化できると言うのが、よい映画のいいところだと思います。


流石に繰り返し見すぎているために、涙などは無縁ではありましたが、つまらないと思うシーンなどひとつもなく楽しめました。そういえば子供の頃、好きな映画のトップはいつもこの映画の名前を挙げていたんじゃないかなと思います。

今日見て、また感動シーンが違いました。今の心境なのかもしれません。
「すべての山に登れ」とか、良いですよね。

ちなみに「私のお気に入り」はいつでもお気に入りです。

現実にモデルのいる物語。
亡命しても自分たちの信念を曲げなかった家族。
底辺に流れているものが、しっかりあるゆえにこの映画は色褪せないのかもしれませんね。

ちなみに、今回初めて気がついたのですが、なんと、トラップ大佐のクリストファー・プラマーって、「Dr.パルナサスの鏡」のDr.パルナサスだったのですね。ぜんぜん分かりませんでしたよ。
ジュリーアンドリュースもイメージではあのままの顔をしているような錯覚があるのですが、そうは行かないって事ですよね。
シュレック フォーエバーに声優として出演していますよね。
彼女の事を考えていたら、こんな記事が・・・
「映画『サウンド・オブ・ミュージック』や映画『メリー・ポピンズ』など、数々の名作ミュージカルで光を放ってきたジュリー・アンドリュースが、グラミー賞で生涯功労賞を授与されることになった。」

みんな現役で頑張っていますね。

こちらで少しずつですが視聴できますよ→ここ


   サウンドオブミュージック1
スポンサーサイト

theme : 洋画
genre : 映画

line

「アバター」

昨年の1月10日に映画館で3Dで見た「アバター」を今年1月8ににWOWOWで見ました。

前回の映画館で見た感想は→ここです。

アバター


その時に映像の美しさを褒めまくっていましたが、やっぱりテレビで2Dで見たら、その迫力には欠けたかなと思いました。そんなの当たり前じゃないと言われそうですが、この映画を映画館で見たときに、普通で見ても映像の美しさはかなりのものじゃないかなと思ったものですから、2Dで見直してみたらどう感じるのかなと言う感想です。それでもかなりの美しさだと思いました。森も空もかなり魅力的に映っていました。だけどやっぱりこの映画は、その時に息子達が言っていたように
「ほらっ、3Dでこんな事まで出来るようになったのだよ。」と言うことを見せ付ける映画だったというのは、ある意味ではその通りかなと思ったのでした。

だけど、その分ストーリーに感情移入出来たように思います。

映像ばかりでストーリーは浅いような事を、言われているのかもしれませんが、私はこの物語は結構好きなんですね。

まるでネィテブアメリカンと侵略者アングロサクソンとの戦いのような、そんな事を連想させる戦い。

でもナビィの生活のゆったりとした優しい生活は物凄く素敵だなと感じるのですよね。

一度心を通わせたら、生涯、決して裏切らない翼あるもの。


勧善懲悪で分かりやすい。

軍人のリーダーが
「人類を裏切った気分はどうだ。」と言いますが、
人類を裏切っているのはどっちだよと思いました。ここに出てくる軍人は人類の正義と言うものを裏切っているのですよ。

今日始めてこの作品を見た夫は「面白かった」と気に入った模様です。

最後に森の住人達が動き出すところは、サイエンスフィックションと言うよりファンタジー。やっぱり好きですね。

そしてラストのラスト。
そのシーンで、夫が言った、
「だけど犠牲は大きかったね。」と言う言葉にしみじみとしました。

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

「サブウェイ123 激突」

サブウェイ123 激突 - goo 映画


サブウェイ123


実はこの作品、昨年もテレビで見て今回は二回目。
ジョン・トラヴォルタ とデンゼル・ワシントンと、二人の好きな俳優がバトルしているのに、なーんとなく軽い感じが否めない。豪華俳優のB級映画って言う感じがしてしまいました。

でも見ている間は、なかなか面白くて飽きるという事はありません・・・が、チョイ何かが物足りないというのが本音です。

この映画を見たせいでデンゼル・ワシントンの新作「アンストッパブル」と言う映画に、心が動かないのではないかと思っています。

何が物足りないかと言うと、終わらせ方なんじゃないかなと思っています。
初回で見たときは、途中まではなかなかドキドキもしたのです。でもね、途中まで・・・
思わず、私が犯人だったらなんてくだらない事を考えてしまったりして。脱出口の近くにバイクを用意しておくとか・・・。って、殺人者側に立って考えても仕方がないですね。

《ネタバレしていますよ。》

サブウェイ123の2


それに犯人の狙いが、身代金ではなく株価操作にあったことにも感心しました。
そういう役はトラヴォルタは、本当に上手いし。
それなのに、そのトラちゃんは最後に理解しづらい事を言うし、デンちゃんはちゃっかしご褒美を貰っちゃうという感じ。そのご褒美はワイロ嫌疑をうやむやにしてくれるというもの。

そのぐらいの事は良いじゃないとも思ってしまうのですが、なんかこうスッキリしません。

それにこの映画、派手なカーアクションはお金のへり運搬に気がつかなかったからの結果だったとか見せ場作りがわざとらしい。

でも奥さんの
「帰りに牛乳を買ってきて。」と言うセリフは好きですよ。

必ず無事に帰ってきてねと言う言葉の代わり。


theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

「ココ・アヴァン・シャネル」

ココ・アヴァン・シャネル - goo 映画

CSテレビで1月17日に鑑賞。
ココ・アヴァン・シャネル1



―若い時は荒削りで、これと言って美しくもなく描かれ、歌手として夢見ていても、その歌も田舎のキャバレーでは受けても、ちょっと大きな舞台では通用しない。

母を亡くし、父に捨てられて孤児院で育っても、自分は孤児ではないと信じている。

子供の時から手先が器用。
成人してから昼は洋品店のお針子として働き、夜は場末のバーで歌を歌って生計を立てていた。

そんなココ・アヴァン・シャネル。―

たまたま昨年彼女の伝記のような本を読みました。

だからなんとなくの物語は分かっていましたが、どんな風に描かれるのかが見どころかと思いました。
でも、なんかちょっとシャネルの何か深い部分をあまり受け取ることが出来たかどうかは疑問です。

なぜならいきなり終わる・・・
そんな印象がするのです。

大切だったアマンの死亡。

そして、華やかな素敵なショーのシーンで、凄く美しくなったシャネルが、ふとここまで生きてきた過去をふと振り返り、そしてショーの終わりに未来を見つめるような雰囲気で終わるのです。


男の社会に切り込んで言った彼女の栄光を称えるようなナレーションだったか字幕が入ります。

なんだか皮肉的な写し方・・・

なぜならこの映画を見た一番の印象は、この時代に女が社会で地位と仕事の成功を望むならば、自身の才能ばかりではなく、男達の助けが絶対に必要なのだと思った事だったからです。

写真で見るココ・シャネルは美人です。
でも若いときから美人であったかは分かりませんが、男の人を引き付けるオーラがあったことは確かなようです。

シャネルが、ただ才能だけの人だったら、「シャネル」と言うブランドが今、あったかどうかわからないと思いました。

たぶん上記に書いたような感想は、シャネルの関係の人や彼女を愛する人も一番感じて欲しくない感想なのではないかと思います。でも、この映画はそう描いているように思うのです。図らずもかもは分かりませんが。

彼女の一番嫌いな曜日は日曜日。みんなが仕事を休み、仕方がないので自分も仕事を休まなければならない日だったからなのです。彼女が休む事を嫌い働き続けたのは、男と同じような地位を得るためにしてきた事の、つまり時代がそうさせた矛盾を訂正するが如くであったのではないかと、ふと思ったりもするのです。


みんながフワフワのドレスで、だけど内臓は締め付けられているような服を着ている中、シンプルな服のシャネルは素敵です。お洒落な映画ではあると思いました。

そして、彼女が生涯大切に思ったボーイ・カペルも素敵でしたが、最初に押しかけて愛人になったエティエンヌ・バルザン(ブノワ・ポールブールド)にも、かなり心惹かれるものがありました。男として「素敵な」と言う意味ではなく、ガブリエルと言う名前を歌にちなんでココと変えさせたり、そういう立場の女性をさげすんでいたり、継続される財産で生き、退廃的で享楽的、だけど暮らしの中で徐々にココに夫婦のような感覚を覚えていく、そんな男に平凡で普通の魅力を感じます。

そんな男を切り捨てていった所に、ココ・アヴァン・シャネルの強さを感じたかもしれません。

ココ・アヴァン・シャネル2

オドレイ・トトゥ (Gabrielle Chanel)
監督 アンヌ・フォンティーヌ

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

「聖メリーの鐘」

聖メリーの鐘 - goo 映画

映画のあらすじなどは上記のgoo映画からどうぞ。
1月21日wowowで鑑賞。

1945年の作品。メチャクチャ古いです。
1945年と言う年に何があったのかと言うと、第二次世界大戦が終わったわけですよ。
そんな時代の作品。

だけど、普通に面白かったのですよ。退屈なし。

傑作と言われているものは、そう言うものなのかも知れませんね。

この作品は18回アカデミー賞で数々の部門でノミネートされたのですが、結局は録音賞を取ったのでした。それがどんな賞なのかはイマイチわかりませんが、きっと音声が綺麗なのかもしれませんね。
→(1945年18回アカデミー賞

いんぐりっと

イングリッド・バーグマン、お綺麗です。


この映画、にゃんこやワンコの使い方が上手いです。この頃からニャンコワンコの名優はいたのですね。
それにこれは、先生達がシスターなのですが、ある意味学園物といえるんじゃないかなと思うのですよ。乱暴者の少年に如何に立ち向かうか、ボクシング指導の本を読んで教えたり、家庭に問題のある少女の成長物語があったりとエピソードが面白かったです。

信じる力を疑わないある意味夢見るシスターに、暗躍する神父。そして起こす奇跡。感動と言うよりは笑ってしまうのですが、それも楽しいのです。

そしてラストのエピソードは、すれ違う心の苦痛は肉体のそれよりも大きいと感じさせるものがありました。

医者のくせにろくでもないアドバイスじゃと思わず感じましたが、優しい展開になって良かったです。
優しい作品だったと思います。






theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

「南極料理人」

南極料理人 - goo 映画

南極料理人2

wowowで1月23日に鑑賞

堺雅人氏、結構好きで、見る前から期待大。
映画館で見たいと思っていたのに、見逃してしまいました。確かこの時、映画仲間の姑は老人会の人たちを引率して連れて行ったのじゃないかと、不確かな記憶ではそうなっています。

老人である義母が他のご老人を引率すると言うのも変な言い方ですが、75歳を過ぎた辺りから、人はみな同じようには年を取っていないと言うことに愕然と気付かされるのだと、思わないわけにはいきません。

その義母が
「あの人たちは面白いのか面白くないのか、何も反応がない。」と嘆いていました。

が、この映画をテレビで見て、面白いのか面白くないのかわからないという感想だったんじゃないのかなと思わず推理してしまいました。


お話、かなり淡々と続きます。

なんとなく面白いような気もするし、まったく持ってつまらないような気もするのです。

映画と言うのは、たぶんですが、あらかじめ予想した面白さの水準を持って見に行くのではないかと思います。
それがいい意味で裏切られて予想を上まっていると、「予想外の面白さ!」なんて褒め言葉も出てくるし、力作と称えられると思うのですが、面白さが予想を下回ると、「なんだよ~」と言う結果になると思います。

なにげに当たり前の事を、大真面目に語っている訳ですが、この映画はそれなりの力作なのに、予想を裏切られてしまった中に入ってしまうのではないかと思うのです。

南極と言う閉塞された異常な場所の料理人。

するとこの映画に、人はどんな面白さを予想しますか。

私は料理人のあくなき工夫と努力の姿なんじゃなかったかなと思いました。

そういうシーン、確かにありました。そしてやっぱりそこが一番面白かったと思いました。

この映画の公開前に、モデルの人が「はなまる」に出演していて、冷凍たまねぎの使い方を教えてくれたのですが、目からうろこで凄いなと思ってしまいました。

その時感じたワクワク感を映画で感じなかった事が残念だったと思います。


それでも良かったシーン。<ネタバレ>

胸焼けしそうな妻のから揚げの味に涙する男。
日本人はやっぱりラーメンよね!
見たこともないオーロラよりラーメン。(だけど、オーロラ、何でそこで映さない・・・)

空港で逢ったオペレーターの女性が可愛くて良かったなぁと思ったり・・・

南極料理人

でも堺雅人はやっぱり好きですよ♪

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : 堺雅人

line

「ダレン・シャン」

あらすじや解説などはこちらで。→ダレン・シャン - goo 映画

ダレンシャン2


1月23日、wowowにて鑑賞。

下の子供がまだ中学一年の頃、学校の先生が朝読書で「ハリー・ポッター」の人気と二分しているのは「ダレン・シャン」だと保護者会で言われました。
だけどうちの子供は興味がなし。

なのに親の私は、実はどんな話なのかなとずっと気になっていたのです。

少年少女向きファンタジーと思っていたので、映画館には足を運ぶ気がありませんでしたが、見る機会があったら逃さず見ようと思っていました。

少年少女向きといっても、「ナルニア国物語」などは私が小学生の頃に夢中になった本なわけで、実はそんな拘りは意味のないことなのですよね。ただ、この映画は予告編で既に大人の私を拒むものがあって、映画館に足を運ぶ気持ちには成れなかったと言うわけなのです。

だけど実は、こういうお話が大好きなのです。

あまり深くもなく、そして広くもない。なんとなくこじんまりとしている様な感じが、ちょっと残念なような気もしますが、原作もそんな感じなのではないかと思ってみたりしてしまいます。
ハーフヴァンパイヤは決して身近な存在ではありませんが、雄大、壮大と言う言葉を排除して、子供達がそのまま感情移入しいつの間にか、主人公の隣に居る、そんな作品なのかもしれません。
未読の原作を推理しても仕方がありませんが、少なくとも映画にはそんな雰囲気が漂っていました。

あまり知識なく観たのですが、ここにも渡辺謙が出演していて妙に感心してしまいました。彼は本当にハリウッド俳優なんですねとしみじみ。ひとつの歴史を塗り替えたような気がします。まさか「独眼流」を見ていたときに将来、こういう謙さんを見るとは思いませんでした。

頭が異常に長い謙さん・・・・。
ダレンシャン


この映画は続作作るぞと意欲満々のような気がします。と言うのも、お話も完全に序章なのですね。
少年ダレン・シャンが主人公だと思うのですが、人を殺さないヴァンパイア、ラーデン・クレプスリー(ジョン・C・ライリー)などは見た目はイマイチですが(失礼!ペコリ)カッコいいのです。

親友役のスティーブ(ジョシュ・ハッチャーソン)、見たことがあるけれど何でだったかなぁと思っていたら、「テラビシアにかける橋」とか「ザスーラ」に出ていた子だったのですね。


日本の子供達には町から町に点々とするサーカスのイメージは馴染みのないものなんじゃないかなと、ちょっと思いました。フリークのサーカスと言ったら昔の日本にも確かあった、見世物小屋なのだと思います。だけどそこに出てくる人たちは、半端がない・・・
まあ、物語の中だけの人たちですよね。
だけどそういう人たちのサーカス。
サーカスにはそういう不思議な雰囲気があるのだと思います。

ブラッドベリの「何かが道をやってくる」も、そういう作品だったと思います。

続編が出来たら、私はまた見たいと思います。
ただ今ふと思ったのですが、これはあくまでも子供視点で出来ている作品で、子供を亡くした親の気持ちなど無きが如くなのが深みのない一因かもしれません。

ダレンシャン3

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line

「レクイエム」

5月28日wowowで「レクイエム」と言う映画を見ました。


レクイエム2


静かに心に残る良作であったのですが、非常に地味で、単館上映だったのだろうかと思いました。

後で調べてみると、劇場での一般公開はなかった作品でした。2009年、イギリスとアイルランドの合作であるこの作品は、本国イギリスでも劇場公開ではなく、bbcテレビで公開されました。

しかしながら、第25回サンダンス映画祭において、監督賞と脚本賞を受賞し、日本でも第22回国際東京映画祭で「5分間の天国」と言う邦題で上映されました。
原題が「Five Minutes of Heaven」なのでそのままで、そしてなかなかのタイトルだと思うのですが、何故それがDVD販売時になると「レクイエム」になってしまったのかは、素人の私には理解できないことなのですが、劇場公開なくてDVDのみの発売でも、「5分間の天国」では売れないと踏まれたのでしょうか。
こういうのって、不思議ですね。

しかしこの5分間の天国は、一体いつをさして言っているのでしょうか。目的を成し遂げた時・・・、それともすべてを許した時・・・それともあの・・・

お話は、
爆弾テロや殺人が日常茶飯事となっていた1975年の北アイルランドで、アルスター義勇軍(Ulster Volunteer Force)[3]のメンバーである17歳のアリスター・リトルは報復テロとしてカトリック教徒である19歳のジム・グリフィンを殺害する。しかし、その現場をジムの8歳になる弟ジョーに目撃される。

33年後、加害者であるアリスターと被害者の弟ジョーがテレビ番組の企画で顔を合わせることになる。

事件後、アリスターは無期懲役の刑を受けるが12年で釈放されていた。服役中に彼は自分の犯した罪を深く悔い、出所後は自分のような過ちを若者たちに繰り返さないように説いてまわる活動をしていた。一方ジョーは、ジムの死がジョーのせいだと母親から責められ続けた辛い日々の記憶に未だに苦しんでいた。

撮影現場でジョーはアリスターを殺そうとナイフまで用意していたが、土壇場になってカメラでの撮影を拒み、その場を後にしてしまう。その様子を影から見つめていたアリスターは、自らジョーに会いに行くことを決意する
。wikipediaよ
り」

以下はネタバレ感想です。

レクイエム

事件が起きる前の、普通の生活。少年は外の壁で執拗にサッカーのボールを蹴っています。
早く家に入りなさいと口々に言う家族のその目は、その少年を愛おしく見る普通の家族の目でした。

でも、アリスターが家にやってきた時、覆面姿のその姿に成すすべき事が何かも分からずに、目の前で兄が射殺されてしまうのでした。母の「お前が何もしなかったから、お前が殺したようなものだ。」と子供を失った母は、鬼の形相をしてその少年を責めたのでした。

被害者の家族のその後は、犯人のアリスターの口から語られます。心労で父は半年後に死に、もうひとりの兄は麻薬に溺れて死んでしまいます。そして母も。悲劇から立ち直れなかった被害者家族。
家族たちのその後など、微塵にも考えずに凶行に及んでしまった、まだ少年に近い青年だったアリスター。

その後の33年と言う年月は、彼らに何を与えたのでしょうか。
少なくてもアリスターには、物事が分別できる年月を与えたと思います。ただ、少年だったジョーの中の憎しみを消す年月ではなかったのですよね。

きっかけはテレビ局の企画でも、向き合う事になってしまったジョー。
テレビ局の思惑は、アリスターの謝罪→ジョーの心の葛藤→そして許すという構図だったかもしれません。

だけどジョーにとって向き合う事は、憎むべき相手を殺す事でした。ナイフを持ち階段を下りていくジョー。勇みすぎて最後の段で躓きます。階段を下りるシーンでも、テレビの番組なので取り直しです。緊張をほぐすためのタバコタイムの時にアシスタントの女性が、アリスターは孤独に人生を生き、過去を悔いている良い人だとさりげなく言います。動揺するジョー。
心変わりをし、その場から逃げ帰るジョーでしたが、その様子を見ていてアリスターは単独で会いに行くのでした。

ジョーには可愛い娘が二人居て、ジョーを慕う妻も居たのです。

かつての凶行場所で対峙する二人。

格闘する二人・・・・

もう終わらせろ。そしてこれからは二人の娘のために生きるのだ。とアリスターは告げて去って行きます。
ジョーは苦しみながら、その苦しみと向き合い・・・そして・・・

ある日道を歩くアリスターのところに電話が掛かってきます。

「終わった。」と、それはジョーからのものでした。

終わった。

被害者家族がようやく過去の呪縛から解き放たれて、未来に向かったそのとき、その電話を聞いて、道の真ん中で泣き崩れてしまうアリスター。
「5分間の天国」と言うのは、この瞬間を言ったのでしょうか。

そして彼は立ち上がり、また道を歩いていくところで終わります。


静かで秀逸な作品でした。

監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル
出演: リーアム・ニーソン
ジェームズ・ネスビット

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。