FC2ブログ

「スパイの妻 劇場版」

スパイの妻

2020年10月劇場公開。

2020年6月にNHK8Kで放送されたドラマを、スクリーンサイズ西色調などを直し劇場公開したもの。8Kだったので、このドラマの事はまったく知らなかったです。

今度、またドラマ版の再放送があるらしいです。

その情報は→こちらです。

とりあえずですが、BSプレミアムでは4月12日(月)夜9時から。


3月最後にテレビまたはPCで見た映画は、この「スパイの妻」でした。

高橋一生蒼井優、本当にうまいなぁと、しみじみと思いました。

何がかと言うと、世界観を作り出すことが。


そのセリフの言い回し方、立ち振る舞い。なんだか脳内イメージ画面がセピア色になっていました。

物語も、なかなか面白かったのです。

しかしこうも上手くいくかな。

もしも一歩間違えた感情がそこに生じていたらと思うと、恐ろしい賭けではあったなとも思うのです。何を言ってるかというのは、画像の下にネタバレ感想で書きます。

ただあの「君はスパイの妻ではない。堂々と生きて行けばいいよ。」と優作が言ったのは、「私はスパイではないから」と言ったのではなく、そういう意味だったのかと思いました。

ラストはなんとなく勝手に想像しました。

出来ればその想像で良かったのか、答え合わせが欲しいと思うのは私だけではないはずです。

もう少し、心理部分では分かりやすかったなら良かったのになと思いました。

(画像の下はネタバレ感想です。)

スパイの妻

甥が捕らえられ、凄まじい拷問をされたと知っても、またその後もまともな未来は得られない事を知っても

「仕方がないわ。大義のためには犠牲も必要。」と言いのける聡子は、そうとう恐ろしい人だなと思いました。

「あなたがスパイなら、私は喜んでスパイの妻になるわ。」という聡子の深い愛を、優作は、心の中ではどう思っていたのでしょうか。


聡子をも欺いたのは、聡子を守るためだったと言う解説が多数。


本当にそれだけだったのかと、私は懐疑的になってしまいました。この時代に自分の気持ちに正直で、人前でも抱き着いて離れない。また二人の亡命計画の実行中の、彼女のイキイキとした嬉しい様。相当重い愛じゃないですか。

確かに聡子の密航を告白してしまい、持っていたテープが、趣味で写していた映画だったとしたら、彼女が大事な国の機密の持ち出す人としては無罪にはなるかもしれず、彼女をこの先の危険から守ったと言えるかもしれません。

だけど本当はそんな時代ではなかったでしょう。

ささやかな事で特高に引っ張られ、少女であっても気が狂うほどの拷問を受けたと言うそんな時代だったのです(見て来たかのように言いますが、中学生のころ読んだ本から言ってます。)

本当だったら彼女の密航騒ぎは夫が逃げ切るための時間稼ぎとして、共犯として簡単に裁かれたと思います。いや、そんな可能性もあったでしょう。

だけど優作には計算があったはず。彼女を裁くのは、彼女を密かに愛している、彼女の幼馴染の憲兵の津森だと言う計算が。

だけど世の中、計算通りには行かない事も多いでしょう。それゆえに「恐ろしい賭け」と、先に書いたのです。


聡子も、自分さえも欺いてひとり逃げ切った事を知り、だから「お見事です。」と言ったのだと思います。

そして収容されていた精神病院で、激しい空襲に遭った時、聡子は日本の敗戦を確信し、時代をしっかり読んでいた優作に対して、またも「お見事です。」と言ったのでしょうか。


優作の死亡報告書には改ざんの跡がありました。その後で聡子がアメリカに旅立ったと言われれば、やはり彼女は彼に会いに行ったのだと、理解しても良いという事でしょうか。





tag : テレビやPCで見た映画 邦画 2021年に見た映画 3月に見た映画 高橋一生 蒼井優

line

「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」

スマホ2-1

2020年2月劇場公開作品。

3月18日に、WOWOWで放送されて録画してあったものを見ました。


これの前作、北川景子主演の「スマホを落しただけなのに」は、ストーカーの話なのかと食わず嫌いで見ていませんでした。

これ、続編なんかあるのかと気になって見てみました。

千葉雄大君が主演だしね^^


私は知ってるようで知らない事が多い人。

成田凌君も、あまり知らない人だったのですが、なんたって今は彼は朝ドラに出ているので、身近に感じます。

でも役柄的に身近になんか感じてもらっては困るかもね^^


予想以上に面白かったです。

これは前作も見なくてはと思いました。

まあ、もう犯人が分かっちゃって見る事になるわけですが、これだけ怖い人だと、分かって見ても面白いのではないかと思えます。


浦野はまるでハンニバルみたいでしたね。

作り手も、少々意識していたのでは ?

画像の下はネタバレしています。

スマホ2


ラストの海外から連絡してくるところなども、そんなイメージがしました。

こんな怖い人相手に、見張りの刑事、油断しすぎでしょう。強面付けても意味ないですよね。やはり頭の良い人には、勝る頭の良い人を付けなくてはと思うのですが、それはそれで言葉巧みに取り込まれちゃうのかも知れませんね。

今回の犯人役も結局は手駒になってしまったわけですが、被害者の女性が気の毒で、しばらく頭から離れず映画を見ている間引きずってしまいました。その犯人、加賀谷に恋心を抱いていたのですね。てっきり彼女の方かと思っていたら・・・・。

握られた手をさっと引く当たりの冷たさが良かったです(^_^;)

しかしタイトルの「スマホを落しただけなのに」の為に作ったかのような加賀谷と美乃里の出会いエピソードは、私的には要らなかったけれど、千葉君と白石さんのファンサービスのようなものかしら。



tag : テレビで見た映画 wowow 2021年に見た映画 邦画 3月に見た映画

line

「恐竜が教えてくれたこと」

恐竜が教えてくれたこと

2020年3月公開。

また大変な時にやっていたのですね。

ポスターをトップに持ってくると、感想を書くのが楽だなと、ふと思ってしまいました。大事な事がかなりそこに書いてあるような気がします。

例えば原作がアンナ・ウォルツによる児童文学「ぼくとテスの秘密の七日間」だとか。

この本は、第61回青少年読書感想文全国コンクールの小学校高学年向け課題図書なのですって。

テスのお母さんは、12年前にテスを産んでシングルマザーなんだけれど、そのいきさつって言うのも原作の方にも書いてあるのかしら。それを12歳にもなっていない子たちに普通に読ませて感想を書かせるんだなと、違った所で「ハーン」とか「へぇ」とか思ってしまいました。


だけどこの物語、とっても良かったです。3月17日、録画してあったものを見ました。

サムは「地球最後の恐竜は、自分が最後だということを知っていたのか」と思い悩むような少年で、時には一人で過ごす訓練を自分に課したりするのでした。

恐竜でなくても、最後のひとりになるかもしれないと言う部分は、ちょっと胸に迫ってくるものがありました。

今はそうとは言い切れませんが、数年前までは友人は皆年上でした。

普通に順番に逝くとしたら、私がみんなを見送るのかしらと、何やらやるせない様な気持ちになったものです。


サムは家族でバカンスに訪れたこの美しいオランダの島で、テス以外にもいろいろ人と巡り会います。


愛する妻を失ったのち、ほとんど一人で生きている海辺に住む老人ヒレなどとも。

ヒレは言います。

「いつか別れてしまうかもしれない。だから想い出を一杯作るのだ。」と。

ヒレは妻を失っても、彼女との思い出がたくさんあるから、たった一人でも豊かに生きているのだと思いました。

大事な事で、しみじみと胸に刻みました。


でもサムのお蔭で、また人とのつながりが出来たことは良かったですね。

テスのパパとの奮戦エピソードも良かったです。

辛い何かがあったら嫌だとドキドキしてしまいました。

イイ感じの終わり方を迎える事が出来たので、安心して子供たちと見る事が出来るお話だと思いました。


サムの家族たちも家族をとっても大事に思う人たちで、ほっこりしました。




恐竜が教えてくれたこと2


tag : テレビで見た映画 wowow 洋画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line

「ソニック・ザ・ムービー」

ソニック1

2020年6月に劇場公開した作品です。
この頃の公開を、普通の日常の中の公開と思ってはいけないと思います。

2020年は1月に「カイジ」を見て、それから次に映画館に足を運ぶことが出来たのは、私も「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」を見た6月でした。公開作品も少なく、足を運ぶ人もまだまだ少なかったと思います。

その頃公開された作品は皆、世界が非日常と言う世界の穴に落ちてしまった時の、普通という光でした。

この作品もそんな中で聞こえてくるのは良い評判ばかりでしたね。


そして実際に見て見たら、思っていた以上に楽しく面白いお話でした。

WOWOWで放送されたものを録画したものを3月21日に見ました。


たった一人で生きているソニック。
なんだかごんぎつねのようだなと思いました。

ひとりの目撃者以外は、その存在を知らず。だけどソニックは町の住人を皆知っていました。
一人ぼっちでやっていた野球の試合は、とんでもない事を引き起こしてしまいましたが、涙レベルで可哀想だと思いました。

ソニックは可愛い。
ポケモンのピカチュウに劣らないと思いました。

なんだか続編があるような終わり方。

あって欲しいです♪

敵のドクター・ロボトニックはジム・キャリー。
彼はこういうのも本当に上手ですね。



画像の下はネタバレしています。

ソニック3


きっとそうなるに違いないと思っていました。
一人ぼっちのソニックは、最後はもう一人ぽっちではありませんでしたね。

洞窟のお部屋もトムの部屋に、そのままお引越し。

心がほっこりとしました。

解説などは→こちらで「映画.COM」


ソニック2

tag : テレビで見た映画 wowow 洋画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line

「ある少年の告白」

ある少年の告白1

2019年劇場公開作品。

3月18日、録画してあったものを見ました。

片田舎で暮らす牧師の息子、ジャレッドは何不自由ない生活を送っていましたが、大学生になり親元を離れ、そこである事をきっかけに、自分がゲイであることに気が付きます。

それを告白した息子に両親がとった行動は、彼を矯正施設に入れる事だったのです。

実話を基にした作品だそうです。

なんだか映画などの影響からか、アメリカなどの方が、そのような事に理解がありそうな気もしてしまうのですが、なんたってキリスト教圏ではそれは『罪』と言われているのでしょう。

日本などは、元々修道と言う考え方もあるし、ある時代から女性漫画家たちが罪の意識に囚われながらも、コツコツと傑作を描きあげていき、その作品に触れる事によって、ゲイに対しての理解する人も多くなったように思うのです。つまり私が思うには、よっぽど日本の方が、そういう方々に理解があるのではないかと思うのですが、ただ、じゃあ、日本がそういう人に対して対等な態度を取るかと言うと、そこは疑問です。

とりあえず日本の事は棚に上げて置くことにします。

この映画にあるポイントは、父が「牧師」、そして「田舎」という事かも知れません。

父は立場的にはそれを許せないし、田舎という場所は閉鎖的であり、自分たちと違うものを受け入れる事は難しいのかもしれません。


画像の下は、少々のネタバレ感想です。

ある少年の告白2

それでも最後の父との和解のシーンも良くて、やはりいついかなる時も、親は子の味方であるべきなのだと実感します。

その父親役は、ラッセル・クロウ。

最初に夫に逆らえず、思った事を口にする事が出来なかった母は、途中で自分の過ちに気が付き、ずっと彼の味方でいました。

やっぱり母親は流石だなと、深く共鳴したのでした。

その母親は大好きなニコール・キッドマン。

矯正施設の様子も、何やら静かな恐ろしさがありました。



美しい人同士のシーンは絵になりますね。

ただ手を繋いで眠っただけと言っても信じない、そして自分の作ったストーリーを押し付ける、そんな人の方がよっぽど矯正した方が良いのではないかしら。

監督はジョエル・エドガートン。

ある少年の告白3


tag : テレビで見た映画 wowow 洋画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line

「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」

ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー1

2018年公開作品。

3月5日の金曜ロードショーで見ました。


あの少年に数学を教えていたのは、たった3年前かと思いました。もっと経ったような気がしたからです。映画の感想で、なぜその少年の事を言うのかと言えば、彼がこの映画の事を熱く語り2回目を見に行くのだと教えてくれたからでした。

その頃の、なんとなくの評判では画面が暗いとか、そんなには面白くはないと言うようなものだったような気がします。

「面白かったの ?」と問う私に

「凄く面白くて、見た後もずっとその映画の事を考えてしまいました。」と答える13歳の少年でした。


「そうか。彼はハリソン・フォードのハン・ソロを知らないものね。比べる事もなく、ただその映画を純粋に楽しんだのね。」と思いました。

私などはやってしまいそうです。若き日のハリソン・フォードだったら、どうやっただろうかと。どう見せてくれたのだろうかと。

スター・ウォーズのシリーズは、出来る限り映画館で見たいと思っていましたが、なんとなくこの映画には気持ちが動いていませんでした。だけどその少年の話を聞いて、私も映画館で見てみようと思ったのでした。

でも結局予定の都合がつかず、それは叶いませんでした。

今頃見たわけですが、「面白かったね。チューバッカとはこんな風に出会ったんだね。ファルコン号はあんな風にゲットしたんだね。」と少年に伝えてあげたくても、もう彼に会う事はないのです。


ベケットはもう少し良い人であって欲しかった・・・。

キーラは、その後どうなるの。

スピンオフは、この後も作られるそうだから、この続編とかもあるのかもしれませんね。












ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー2


theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : テレビで見た映画 洋画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line

「記憶屋 あなたを忘れない」

記憶屋 あなたを忘れない4


『第22回日本ホラー小説大賞で読者賞を受賞した織守きょうやの小説を、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介主演で映画化。大学生の遼一は年上の恋人・杏子にプロポーズするが、その翌日から彼女と連絡が取れなくなってしまう。数日後に再会した彼女は、遼一の記憶だけを失っていた。信じられない思いの遼一は、人の記憶を消せるという都市伝説的な存在「記憶屋」のことを知り、大学の先輩で弁護士の高原に相談して杏子の記憶喪失の原因を探り始める。幼なじみの真希や高原の助手・七海らと調査を進めるうちに、人々の中にある忘れたい記憶やその奥にある思いに触れていく遼一だったが……。ヒロイン・真希役に芳根京子。遼一の記憶を失う恋人・杏子を蓮佛美沙子、弁護士・高原を佐々木蔵之介がそれぞれ演じる。監督は「ツナグ」「僕だけがいない街」の平川雄一朗。』映画.comの解説より


これを ↑ 貼ってしまう辺り、かなりの手抜きですね。(^_^;)


けっこう切ないお話でした。


画像の下は、ほんのちょっぴりのネタバレ感想です。

記憶屋 あなたを忘れない3記憶屋 あなたを忘れない2記憶屋 あなたを忘れない1


人には忘れなければ生きていけない記憶ってあるのかもしれませんね。


記憶屋さんも、愛する人を奪われたくないと思う、普通の人間だったのです。

だけど記憶屋さんが、自分の願いから、彼女の記憶を奪ってしまった事は許されるわけもなく、結局は自分自身も孤独な人生を選択せざるを得なくなってしまったのではないかしら。

この先の記憶屋さんの未来を思うと、寂し過ぎて切なくなりました。



tag : テレビで見た映画 wowow 邦画 2021年に見た映画 3月に見た映画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line