FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

「デンデラ」

デンデラ3

1月28日、Amazonプライムビデオで見ました。
その前日に息子と会った時に、この映画の話題になり
「なぜ熊なのか ? 」と言う内容で盛り上がったからです。

彼が言うには、絶対に面白いに違いないと見始めたとの事。
MADバーサンズかって。

自分たちを理不尽に捨てた村人たちとの、死闘が繰り広げられるのかって思ったわけですよ。

でもそこに人喰い熊がー。

えっ、何で熊と???

ってなったと言うのです。

おい、何でネタバレ告知無しで言っちゃってるのって感じですが、いや、むしろ、ここは知っていた方が良いよって、私は思いますよ。

熊と闘うのですよ、MADバーサンズが。

私は知っていたので(息子君からのネタバレで)、なんだかむしろ結構面白かったです。

だってこれがあるから・・・・・って、ここからは本当のネタバレなので後で書きます。

むしろ私が気になったのは、バーサンズはどうやってあの着るものを確保したのだろうかと言う点。

監督が「楢山節考」繋がりなのか、故今村昌平監督の息子・天願大介氏なのですが、(その発想もどうかと・・^^;)、これは女性目線必要だったのではないかと、私的には感じました。

もしかしたらちゃんとそう言うシーンがあって見逃したのかも知れませんが、あまり女性ならではの知恵を絞っての豊かな暮らしぶりとか言うのもなくて、なんだか惜しいような気もしたのです。
だからうさぎ狩りのシーンなど、カッコいいなと楽しく見る事が出来ました。

あと、最初、バーさんたちが皆汚くて、誰が誰だかと言う感じでしたが、(相当失礼な事を言っていてすみません。)皆演技達者な皆様で、そこはなかなか良かったです。


以下は少々のネタバレ感想です。


デンデラ2


村人を寝込みに襲って絶滅させる・・・・・みたいな復讐に燃えているデンデラを作った村の長メイ。
これ、無理でしょうと私は思いました。力がと言う問題ではなく、その村には、自分たちの家族が住んでいるのですから。
ところがお話はもっと恐ろしかったのです。
メイは言います。
「じゃあ、お前はその家には行かなければ良いよ。お前の家にはほかの者が行くから。」
容赦がないのです。

この女たちは、今までは言われた通りにしか動かなかったし、そうであるべきと教えられたとおりにしか考える事も出来なかったのです。つまり自分たちの頭で何も考えてこなかった人たちなんですね。
姥捨ての習慣が、理不尽である事にすら気が付くも出来なかったと言って良いのかも。

ひとりそこから生き抜き、30年かけて50人の村を作ったメイ。
メイは男たちは助けなかった。そこにこの作品のテーマがあったのじゃないかしら。女たちの社会への反乱のような。

だから本当にひどい目にあいながら、「赦し」を自分のテーマにしている反メイ派のマサリに対しては「意気地なし」と言いながらも、その存在を認めていたのですから。

そして「なぜ熊なのか」と言う点。

これ、むしろ私は上手いなあと思いました。
この人たち、日頃からエイヤ―って訓練をしていたけれど、たとえ寝込みで襲っても、すぐに逆襲されて30年の想いがむなしく消えるだけだったと思うのです。

だけどラストがカユが決死で取った作戦は、村まで走りに走って熊を引っ張っていく事。

子供を殺された母熊は、新たにオスの熊まで呼んで村を襲います。

それでも遠くから銃声が。

小熊を殺され新しいつれあいもたぶん殺され、そして自分自身の体も女たちに焼かれ目も潰されて、母熊はボロボロです。
そしてこの母熊によって、デンデラの村は壊滅してしまいました。

最後に向き合う母熊とカユ。

「どっちが勝ったんだ。」
とカユがかっこよく言って、そこでこの映画は終わりです。


とっても分かり辛い。
とりあえず、復讐からは何も生まれないなと思えば良いのかなって、その後いろいろ考えて思いました。

しかし着物は何処から ? ←しつこい

あっ、そうそう。これ時代はいつなのかな。このおばあさんたちに、皆苗字があるのよね。そんなに昔々ではないって事なのか。

その他の情報は→こちらで
デンデラ1
スポンサーサイト

theme : Amazonプライムビデオ
genre : 映画

tag : Amazonプライムビデオ 邦画

line

メリー・ポピンズ  リターンズ

              201902014640.jpg

《メインで書いている「森の中の一本の木」の方にも同じ記事が載っています。TBなどはこちらにどうぞ。》

2月1日字幕版を映画館で見ました。



一言で言うと、「めっちゃミュージカル !」

しかも昔ながらのスタイルの。



時々胸がいっぱいなるような感覚に襲われて、涙ぐむ。

夢とは想像力。



お風呂に入るのも、壊してしまった食器と向き合う時も、その想像力があれば千倍は楽しいのではないかしら。

もちろん、この物語の中では、起きている事はすべてポピンズが起こしている魔法で、そして真実なのだけれども。

だけど大きな画面の中で繰り広げられている映像を見ていると、お片付けひとつとっても

「魔法の力」を使って片付いていく事を想像すると、本当はひとつひとつ片づけている事でも、なんて楽しい事だろうかと思いました。



ああ、作り込んでいるなあと思ったシーンは、ガス点灯の仕事マンたちのシーン。本当に素晴らしいです。

お話も細かい所までうまく出来ているように思います。映像も美しく、OP・EDのタッチが、まるでモネの絵のだと思いました。

配役もメリー・ポピンズに「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラントコリン・ファースなど、この役なのかと笑えます。メリル・ストリープはなにげにエミリーと再共演。

なんと「メリー・ポピンズ」のバート役だったディック・バン・ダイクも出てきますよ~。



この映画、映画サイトでの評価も凄く高いですね。

寒い毎日にホッとできる楽しくてワクワクできる映画だったと思います。

と、こんなに褒めてから言うのもなんですが、

以下の画像の下は、ネタバレはしていませんが本音トークです。公開したばかりなので、あまりろくでもない事を言って足を引っ張りたくないので。

あくまでも私個人の感想です。

201902012640.jpg




ちょっと長いと感じました。

お隣から寝息なんかも聞こえるし。

メリルさんのシーンを切るわけにはいかないとは思うけれど、トプシーのシーンは無くても良いのじゃないかしらと思ってしまいました。

この作品の中の曲は、殆どが慰めたり諭したり、応援したり、夢を与えたりと言う大人が子供に良い事を言うみたいな内容が多いと思うのです。数が多すぎると、なんだか説教をされているような気分にもなってきました。

いっそコリン・ファースにも踊って歌って欲しかったです。



91回アカデミー賞では「美術賞」「衣装デザイン賞」「作曲賞」「主題歌賞」でノミネートされています。

“The Place Where Lost Things Go”は素敵な歌なのですが、私的には、家に帰る途中で思わず口ずさんでしまうようなインパクトはなかったのも残念でした。



キャストはとっても良いし、子供たちは可愛いし映像は綺麗・・・・・

でも上記の理由で、ほんのちょっとだけモヤモヤしました。だけど先にも言いました通り、これは個人の感想で世間の評価を見ると、少数意見なのだと敢えて記しておく事にします。

tag : ディズニー 映画館で観た映画 コリン・ファース エミリー・ブラント

line

『ヒドゥン・チャイルド 埋もれた真実』

201901245.png

wowowでの放送が日本初公開

なので
『“スウェーデンのアガサ・クリスティ”と呼ばれる人気女性作家C・レックバリの小説を映画化。女性作家エリカは事故死した母親の意外な過去に驚くとともに、自身も危機へ。』

トップ画像と、上記の解説は、wowowさんから頂きました。


ヒット小説の映画化らしいので、物語的に結構面白かったです。特にまったくなじみのないスウェーデンの俳優さんたちなので、役者さんで物語展開が分かることがなかったのが、一番いい点だったと思いました。

それでも推理ドラマの映像化は難しいところがありますよね。
本を読んでいたのなら、決してわからない事が、登場人物の数などで分かってしまうと言う所があるじゃないですか。

映像を見ているとこの人しかいないから、この人が犯人とか思ってしまう。そこから「なぜか」が逆走して行く・・・・・・。サスペンス映画の良くある事だと思います。

だけどこの作品は犯人は当たっていたとしても、最後の「ああ、そうだったのか!!!」と言う部分が、なかなか面白かったです。

「善人の顔をして近づいて来て・・・・・・
裏切者・・・・・・・・
あいつは最も残忍だった・・・・・・・。」

それは誰の事を言っていたのかー。
第二次世界大戦を背景に、ナチスドイツと闘うレジスタンスの青年たちがいて、そしてそれが現在の殺人事件に繋がって行くのです。


ひとりの人間の身勝手な自己愛が、多くの人々に苦悩を与え、そしてその命を奪ってしまったのかと思うと、犯人に憎しみを感じました。

しかし私がこの作品を見て、一番感じた事は、「時」は残酷な略奪者。
あの時、みんなで笑いあって集まって居たときには、皆若く美しかったのに、エリカが謎に迫るべく皆を訪れた時には、それぞれの人生を生きて、そして老いぼれていました。
若き日と老いた今を繰り返し見せられると、そんな風に見るべきところが変わってしまっていたかも知れません。

あともう一つは、ちゃんと人の話は一応静かに座って最後まで聞けよ~ !!
ってなことだったかもしれません。

tag : wowow テレビで見た映画

line

リメンバー・ミ―

320201901231.png

1月23日、wowowで録画してあったものを見ました。吹き替え版です。
話題通りの心に染み入るお話でした。家で見る事のいい点は、遠慮なく泣く事が出来ることかもしれません。

でも号泣とか言うのではなく、しんみりと泣けました。

大事なものは家族の絆。
この映画を見ると、お盆とか大切にしようと思ってしまうし、去ってしまった人たちを生きている限りは忘れまいとまた強く思うのでした。

以下はネタバレしています。

640201901232.jpg




しかしアニメの中でも主役が負って言うものがあるようで、ヘクターの元の顔が出てきた時点で、お話が分かってしまったぞ。だから何だと言うわけじゃありません。ただ言ってみたいだけです、おばさんは(^_^;)

エルネストが残念な人なのは、大切な人を裏切ることですよね。
大事な相棒だったヘクターを裏切る。
最初は孫の孫と言われて、彼は喜んでいたしもてなしていて、ヘクターの秘密を知られなければ、自分の子孫と信じて、元の世界に返そうとしていたのですよね。あの時点では、孫の孫と思っていたはずです。だけどそんな子供も、こちらの世界に留めようとします。つまり殺すー。


この世界には「地獄」と言う発想はないのですね。
だけど現実の世界で、彼のメモリアルの建物には「忘れてやる!!」と看板が張り付けられていたので、彼の第二の死も近いのかも知れません・・・・・・・・・が、あれだとインパクトが強くて、違う意味で人々の記憶に残るのではないかしらね(笑)


骸骨ばかり出てきても、美しい映像でしたね。
長編アニメーション部門で2018年アカデミー賞を受賞。

吹き替え版で見たのですが、ミゲルの声をやったのが、石橋陽彩。13歳。歌声が素晴らしくてものすごく満足しました。


詳しい情報は→「リメンバー・ミー/映画.COM」
画像もそこからお借りしました。


640201901233.jpg

tag : wowow ピクサー アニメ

line

ちはやふる 結び

                      ちはらふる結び

WOWOWで録画しておいたものを、今日1月12日に観ました。
「上の句」は見た記憶があったものの、「下の句」はたぶん未見です。

でもそれでも十分話は繋がるし、そして感動もしました。

かるた部のメンバー以外でも、「今日から俺は」で好き度がかなり上がった賀来賢人も、史上最強の名人・周防久志役としてかなりいい味を出していたし、かるたクィーンの若宮詩暢役の松岡茉優は本当に綺麗な人だと思う。

それに「おんな城主直虎」以来、すっかりファンになってしまった矢本悠馬からは目が離せない。

もちろん主役の広瀬すずたちの熱演は言うに及ばない。

つまり登場人物それぞれ皆に魅力があったのが、この映画の一番の良さと言えるかもしれない。



全国大会のシーンで、負けた者たちが泣き崩れる。だけどその彼らに顧問の先生たちが、素晴らしい時間だったことを誇りに思え、または共に同じ時間を持てたことを感謝すると伝える。

勝ったものも泣き、そして敗者も泣くが、そこにはやり遂げた者たちだけの感動があり、物語の世界と言えども、その感動に共鳴してジーンと来る。


これの原作をずっと以前に子供から勧められて最初の数ページを読んだが、ヒロインのキャピキャピ感に疲れを感じて未読のままになっている。読もうかなって、今ちょっと思っている。

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : wowow テレビで見た映画 邦画

line

羊の木

羊の木


今年も、テレビでもたくさん映画を見ようと思います。昨年もそこそこテレビでも見たものの、どこにも記録していないので、すべて記憶だよりになっています。

今年は備忘録としてこちらのブログを復活させて、短く感想を残して行こうと思いました。
とにかく「短く」が基本です。

wowowにて視聴。
キャスト・スタッフなどの詳しい情報は→こちらにて
以下はネタバレしています。

お話とは面白くて、のろろ様はやっぱり守ってくれたのかなと思いました。

松田龍平が演じる宮腰が、のろろ様の伝説に拘っていたので、きっと海に二人で落ちるシーンはあるのだと思っていましたが、そのシーンは結構見応えがありましたね。
浮かび上がってくるのが、最初は彼だったと言うのも短いシーンに引き込まれる要因になりました。

これ、3分の一はダメだったと言う事ですよね。
この数字には、何か意味するものがあるような気がします。

3分の2の人たちは、頑張って未来を進んで欲しい。

だけどこれ、お話的には面白いと思ったのですが、
もしこのお話に意義とか意味とかを感じなくてはならないとしたら、ちょっと「再生」と言う視点で言うならば、厳しいと思う所もあるなと思いました。
救われない悪の存在を見せつけられるのは、悲しい気持ちになるからかもしれません。

錦戸君は良い人を演じるのが上手いと思います。

theme : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
genre : 映画

tag : 松田龍平 錦戸亮 wowow テレビで見た映画 邦画

line

ベイマックス

20150117index.jpg

1月14日横浜ブルク13にて鑑賞。

これ、いっぱい笑った!
そしていっぱい泣いたんだ。

ベイマックスは本当に可愛いよ。
そして癒される。

ポヨヨン ポヨヨンと言うあのお腹にも、なんか共鳴するものが……って、そこは(涙)。

349726_002.jpg

時間の都合で、2Dの吹替え版で見ましたが、主人公が日本人の少年と言うことで、全く違和感がなかったです。むしろこの映画は吹き替え版で見た方が良いんじゃないかと思ったくらいです。

舞台はサンフランソウキョウと言う架空の街。

だけれど、街並みはもろに日本と言う感じがしてワクワク感がとまりません。
思わずディズニー映画に、
日本の少年を主人公の物語を選んでくれて「ありがとーーー!!」と言いたくなりました♪


街並みも素晴らしいけれど、ヒロの黒髪が素敵です。
顔を見れば「ああ、アニメだな。」と思いますが、それでもいろいろな所で、今更ながら「今どきのアニメは凄すぎる。」って思ってしまったのでした。

それから「ロボット」と言うと、世界はやはり日本の事を連想してくれるんでしょうか。
「リアル・スティール」もそうだし「パシフィック・リム」もそうでした。

それってなんだか嬉しく感じるのですよねぇ。

そして日本のヒーローって言ったら・・・・・

以下はネタバレ感想です。

349726_004.jpg

赤や黄色やピンクの何とかレンジャー、言うなれば戦隊もの。

これって日本ならではのものなんじゃないかなって思いました。

「6レンジャーで、やっぱりベイマックスは主役の赤なのね。」と私が言ったら、一緒に行った息子が
「5人+巨大ロボットじゃん。」と訂正が入りました。

そんな事はどうでも良い事なのですがと書こうして、ふと、思い立って検索してみました。

私たちは、この映画、何にも知識なく見たのです。
なんか先にいろいろ見ちゃうと、どんなに遠回しでも分かりすぎちゃうことが多いからなんです。

検索してみて、やっぱり私の感じ方はあながち間違いと言うわけではなかったなと思いました。

この映画は、原作が「Big Hero 6(ビッグ・ヒーロー・シックス)」
だってベイマックス、巨大ロボットと言うよりは、かなり擬人化されてますものね。

50117images.jpg

どちらにしても「色」はやっぱり大切な所ですよね。
って、やっぱし、そこどうでも良いか?

とにかく技は持っていても、そんなに強いとは思えない彼らの戦いっぷりは面白かったです。
でもそれでもベイマックスの魅力は半端ないです。

この映画も優しい映画だと思いました。
大参事があったのに、人があまり死なないからです。
でも「あまり」であって、「誰も」と書けないところが悲しい。

だから
ただ彼〈タダシ〉の死がなければ、あのヒーローたちは誕生せず、多くの人の命を守れたかどうかは分からない事だ。無駄な死ではなかったのだ、と、そのように書いて気持ちを納めないわけにはいきません。

アビゲイルが助かった時、キャラハンはその体に縋り付いて喜びをあらわにするのかと思ったら、そういうシーンにはなりませんでした。
本当は名前を呼んだり、その体を抱きしめたりしたかったのに違いありません。

でもそうはならなかった。

それこそが、自分の悲しみばかりの囚われて、他者の命やその想いを顧みなかったキャラハンへの制裁なんだと思えたのでした。

この映画、癒しのシーンや笑いのシーン、涙の感動のシーンがたくさんあったために、まさかベイマックスとの別れのシーンが来ようとは、全く思いもよらない事でした。

思わず滂沱の涙(ノД`)・゜・。

「ベイマックス、もう大丈夫だよ。」
がこんなに悲しいセリフになるなんて・・・・・・・・。


でもラストはー。

心が本当に暖かくなる映画で、幸せな気持ちになれました。


349726_001.jpg

theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。