FC2ブログ

「凪待ち」

凪待ち


2月14日にwowowにて視聴。(録画)

映画館で、この作品が公開された時、なんだか香取君を「応援」するために見に行かなくちゃと言うような気持ちがしていました。

だけどやっぱり、その動機、ドウキしてるよね・・・・・・って、おばちゃんギャグはヤメレって!!  (^_^;)

気になりつつ、とうとう映画館には行けず、だけどとうとうWOWOWで見る事が出来て良かったです。


映画館に悩みつつ行けなかったのは、このポスターが暗すぎて、「サッ、行こう!!」と軽い足取りで映画館に向かう事が出来なかったからかも知れません。

見てみると、やはり内容的には、果てしなく暗く出口なしと言うような物語が続きました。


もうギャンブル依存症は病院に行こうと、私は思います。誰もそれを病気だとは言ってくれないし、精神科でも、どの程度から向き合ってくれるのか、私には分からない事ですが、社会の風潮として、それは「病気だ !!!」と言う風が吹くようになっていけば、家族も本人もっもっと考えるのではないかと思うのです。

国や(一応)大都市の横浜辺りで、カジノ案が出ているわけですが、このような映画を見て、いろいろと考えた方が良いと私は思います。

もちろん、この映画のテーマはそこではないと作り手の方に言われてしまいそうですが、出口なしの物語を紡いでしまっている一番の要因は、香取慎吾演じる木野本郁男の競輪から抜け出せないギャンブル癖にあったと思うのです。


彼のパートナーを誰が殺したのか。

その「誰が」は、そんなには問題じゃないと思います。たぶん「あの人」と思うと思うから。

だけどその「あの人」も含めて、彼の周りには本当に優しさが溢れていて、彼がそれに気が付きその優しさを受け取り、そして再生していく過程には、多少やきもきしながらも、じっと見守ってしまいました。


「家族とは。」

そこにはそんなテーマも隠されていたのかも知れません。

白石和彌の作品はつい最近「ひとよ」を見ました。

どちらかと言うと、こちらの「凪待ち」の方が好きに感じたように思います。


凪待ち2

《以下ネタバレしています。》

海に流す婚姻届けのシーン、好きでした。

もう居ない彼女への赦しと、そして愛の証。そして彼女の家族を守ると言う誓いにも思えました。


tag : テレビで見た映画 wowow 2021年に見た映画 2月に見た映画 邦画 白石和彌 香取慎吾

line

「ラ・ヨローナ~泣く女~」

ラ・ヨローナ


いや、水辺に行かなくても、引っ張られて連れて行かれちゃうわけだから、関係ないんじゃない ?

と、ポスターに文句を言ってもねぇ^^

なんだか遊園地のお化け屋敷に入ったようなそんな怖さで、昼間のひとりの部屋で見るにはちょうどいいかも知れない。

かといって、遊園地のお化け屋敷が怖くないわけではないので、要所要所でちゃんと怖い。

ラ・ヨローナの存在自体が怖いし、何で関わってしまうのかも怖い。

だけどちゃんとそれと戦ってくれる、お払いのプロがいてくれるのは、頼もしい。

そして子供は、いつも大事な所で、イラッとする行動をとるのはお約束。

画像の下は、手抜きの映画サイトの解説のコピペです。

ラ・ヨローナ2


『中南米に古くから伝わる怪談「ラ・ヨローナ」を題材に、「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン製作で描くホラー。愛する夫に浮気をされ、嫉妬に狂った結果、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまった女、ヨローナ。そのことを後悔し、嘆き苦しんだ彼女は自ら川に身を投げた。呪いとなってこの世をさまようヨローナは、子どもたちをさらっていく。1970年代のロサンゼルス。ソーシャルワーカーのアンナは子どもたちが危険にさらされているという、ある母親からの助けを無視してしまうが、それは泣き声を聞いた子どもが必ず連れ去られてしまうヨローナの呪いだった。そして、ヨローナが次のターゲットとして狙いを定めたのは、アンナの2人の子どもたちだった。「グリーンブック」「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」のリンダ・カーデリニがアンナ役を演じる。監督は「死霊館」第3弾でメガホンをとる新鋭マイケル・チャベス。』映画.COMより


tag : テレビで見た映画 wowow 2021年に見た映画 2月に見た映画 洋画 ホラー

line

「ひとよ」

ひとよ


この映画は、映画館で予告編を見た時から、見たいと思っていたように思う。

なんたって配役が良い。好きな人ばかりだから。

物語も、服役を終えた母を子供たちはどのように向かい入れるのだろうかと気になった。


他の人から見れば、何の事のない夜でも、自分にとって特別な夜がある。

確かに。

母、こはるにとっては、暴力男の夫を子供たちの為に殺したあの日の夜がそうだったのだと思う。

だけど子供たちにとっても、殺人犯の家族を持つと言う、人生が一変してしまったあの日の夜が、その特別な夜だったに違いない。

子供たちを守った。母はそれを誇りに思っていた。

父の暴力と戦っていた子供たちは、その日からもっと大きなもの、見えない何かと戦い続けなければならなかった。

それを知っても、母は後悔などしない。そうでなければ生きられないと思う。

15年という歳月は、本当はもっといろいろな事を考える時間があったはず。きっと母は獄中で様々な事を思い、1周回ってきたに違いない。いや、そんな事はまったく描かれていないけれど、そう思わなければ、なんだか府に落ちない。


またも「映画.COM」の「ひとよ」の解説を読む。

『女優で劇作家、演出家の桑原裕子が主宰する「劇団KAKUTA」が2011年に初演した舞台を佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子の出演、「孤狼の血」の白石和彌監督のメガホンで映画化』

なるほど。元々は舞台なんだ。

言われてみると、そんな感じがして納得できる。

無責任に批判する人たち以外、周りの人が皆暖かいのが、気持ちがいい。



ひとよ2



tag : テレビで見た映画 wowow 2021年に見た映画 2月に見た映画 邦画 白石和彌

line

「影裏」

影裏2


2月8日にテレビで鑑賞。

なんだかんだと言って、「映画.COM」のレビューなどを読んでいます。この映画は賛否が真っ二つ。星の数が低い方が足を引っ張って、あまり高得点とは言い難い。

じゃあ、私はどうかと言えば、少なくともポスターにあるような「心を震わす、感動」はしなかったな。


なんとこれは、芥川賞の小説が原作だったのね。

いつもながら、予備知識もなく見てしまったわけだけれど、想像するには、たぶん原作は美しい文章で構成されているような気がする。松田龍平も良いし綾野剛も良い。

「人を見る時は、その裏側。影の一番濃いとこを見んだよ」と日浅は言う。

人懐こくて、あっという間に人の懐に転がり込んでしまうような日浅には、今野の知らない裏の顔があった。

一方今野にも、また人には告げていない秘密があった。


けっこうこう書くと、物語は深く込み入ったものではないと思う。ただそれを松田と綾野が静かに木訥と描き出す何かが、そこにはあった。

つまらなくはなかった。が、凄く面白かったとは言い難いものもあった。なぜそう感じさせるものがあったかと言えば、たぶんテンポが私には合わなかったからかも知れない。友情が培っていくまでのシーンがやたら長くて、どうしてそこまで丁寧に描く必要があったのかと思ってしまった。


画像の下は少々のネタバレ感想です。


影裏


夜釣りの時、今野が見たのは自分の知らない日浅の生活だった思う。今野はそれに寂しさや嫉妬を感じたのではないだろうか。だけどその今野が見たものさえ、そう見えただけのまやかしだったのだと思う。

父にも見捨てられた日浅。

だけど父をも騙して学費をかすめ取っていた4年間は、彼は何をしていたのだろう。

今野も転勤してくるまでの土地ではまた、中村倫也演じる和也とのそれなりの生活があったはず。

もう少し、そんな彼らを知りたいような気になった。

震災で行方が知れなかった彼が、最後に生きていると分かった時、やはりホッとするものがあったし、今野が新しい彼氏を見つけて、未来に堂々と踏み出している姿にも、やはり安心できるものを感じた。

きっと彼らは二度と会わないのではと思うが、それでも今野は日浅から教わった釣りを今でもしているのだ。

ある種の愛の想い出を描いたような作品だと思った。


tag : テレビで見た映画 wowow 2021年に見た映画 邦画 2月に見た映画 松田龍平 綾野剛

line

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

9人の翻訳家4

2月2日に視聴。


最近、トップ画像はポスターだったものを使わせていただいています。だけどこれ、ちょっと迷いました。映画に人を呼び込むのは、予告編も大事だし、ポスターも大事ですよね。

この映画、「映画.COM」の解説に依れば、

「世界的ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」をはじめとするダン・ブラウンの小説「ロバート・ラングドン」シリーズの出版秘話をもとにしたミステリー映画。シリーズ4作目「インフェルノ」出版時、違法流出防止のため各国の翻訳家たちを秘密の地下室に隔離して翻訳を行ったという前代未聞のエピソードを題材に描く」だそうで、そこがかなりのウリのポイントだったのですね。

だからポスターにも、それが大きく書かれているわけですが、ポスター的にちょっとうるさい感じ。

しかも、そこに何か期待して見た人は微妙な感覚に襲われるのではないかしら。「だからそれがどうした。」みたいな。

それに、ダン・ブラウンの出版社側は、これを見てどう思ったのかしら。そっちも気になる所です。

私は、あの「インフェルノ」の時そんな事をしたのかと、この解説で初めて知り、この映画を見た時もまったく知りませんでした。

知らなかったゆえに、また、このタイトルも硬い感じがして期待値が低かったものですから、意外と(かなり)面白く感じました。

「映画.COM」ではけっこう評価が高く、ただ「Wikipedia」の作品の評価に依れば微妙な評価になっているようですね。


私が面白く感じたのは、いい具合に騙されたからです。

たぶんサスペンス好きの方は、メンバーが出そろった時、そして事件が起きた時に、脳内で大筋の推理を組み立てて見るのではないでしょうか。

全員が地下に閉じ込められているのに、冒頭流出。

だったら、やっているのは××しかいないじゃんと、私は思いました。そしてあの人が犯人よねと。

だけど思わせぶりな人もいれば、又予想外のある人が登場してきて、またなんと途中でネタバラシがあってと、

あー、外れた~ !!!

と、思わせて、着地してみたら、「何だ、当たりじゃん。」となったわけですが、ラストに私はしみじみとしました。その動機に。


才能の無さに絶望して、死を選ぶ者もいれば、たった一人に認めてもらうために書く人もいるー。


国や民族が分かれていても、大きな大陸の上に住んでいる(優秀な)人たちの言語力には驚かされるものがありました。

(犯人が)「ギリシャ語(だったかな)が分からない !! 皆ギリシャ語でしゃべって!!」みたいなシーンで、もっと前からちゃんと彼らの話し方に気を付けていれば良かったかなと思いました。

しっかり島国住人の私は、日本語オンリィ。もっと近隣の言葉には注目して生きて来ても良かったような気がします。これからやればと思っても、たぶんあいさつ程度。ちゃんとやろうと思ったら、たぶん人生の時間は足りないかも知れません。あいさつ程度でもやらないよりましでしょうか。

推理劇を映像化させるのは、本当に様々な工夫が必要かと思います。この映画は構成でけっこう工夫していて、新しい事にチャレンジしたように感じました。

ネタバレ感想は無しです。


9人の翻訳家3

(C)(2019) TRESOR FILMS - FRANCE 2 CINWMA - MARS FILMS - WILD BUNCH - LES PRODUCTIONS DU TRESOR - ARETMIS


9人の翻訳家    9人の翻訳家2









tag : 2021年に見た映画 2月に見た映画 サスペンス wowow テレビで見た映画 洋画

line

「さんかく窓の外側は夜」

                  さんかく窓の外側は夜

1月に見た映画の感想を書いています。

《こちらの映画の感想は「森の中の1本の木」の方にも同記事が載っています。》

1月28日に鑑賞。

昨年暮れに「ドクター・デスの遺産 BLACK FILE」

を見た時に、映画館でいろいろな予告編が流れて、次はこの作品にしようと決めていました。やっぱり予告編は大事ですよね。

だけど公開日から数日たって、映画サイトの星の数の評判を見ると、意外と低くて驚きました。時には、その評価によって行くのを止めようと思う時もありますが、たいがいは見てから自分で決めようと思います。またはその評価に左右されたくないので、公開日初日に近い時に行くことも多いかも知れません。今回は見に行く前に、その評価を見てしまったので、ちょっと気持ちはグラリと来ましたが、私は元々こういう話は好きなのです。

それに主演が岡田将生と志尊淳とくれば、目の保養にも良いと言うものでしょう。(笑)

因みに、今その映画サイトの星の評価は上がっています。

姉妹に、この映画を見て来たと言ったら、どうだったのかと聞かれたので

「原作はBL入ってるらしいよ。とっても面白かったよ。何よりホラーでもあるのに、ひとりでも見に行けるレベルの怖さで、そこも良かったな。しかも最後に息子に霊を見る力があると告白されたお母さんが『×××』と言って、ジーンときたな。」と言いました。

姉妹たちが反応したのは「BL」の部分 !!

と言いましても、映画では描かれていません。

原作を買えと言われましたが、今、貧乏だから買えないと思います(^_^;)

ただこれは映画版の小説はありますね。

ほんの少々のネタバレ感想は画像の下に書くことにして、その前にちょっとテンションが上がったのは、ドラマ版の「太陽は動かない」でも出て来たロケ地が、この映画にも出てきたことなんです。

宇都宮に行った時に、気になって通りすがりに写した場所。廃墟っぷりが素晴らしくて、いろいろと使われているみたいですね。

さんかく窓の外側は夜3

最初の頃、星の数が少なかったのは、ホラー部分の映像がイマイチだったからかも知れないと思いました。後は除霊エピソードが少なくいのもその理由の一つではないかと思いました。

私的には続編希望です。

以下はネタバレしています。

さんかく窓の外側は夜2


呪いで人を殺しても、それの罪を問えません。そうすると、この物語では皆大量殺人をしていても、誰も捕まる事もなく、せいぜいあの教祖ですら、執行妨害程度なのかとモヤリました。

冷川(岡田)の力は半端なく、実は大量殺人の理由は彼が作ってしまったと言う秘密があったわけですが、それを利用としたただの凡庸な男の方が、実は怖い存在だったと言うわけですね。

また信じないと言う力を発揮する半澤に滝藤賢一。あの状況で「信じない」と言う力が発揮できるのはただものではないと、私は思います。

ホラー映画のお約束と言うか、次に続くような雰囲気を醸し出す・・・・。

非浦(平手友梨奈)は呪い返しにあってしまったみたいなのですが、どうなるのでしょうか。だけど彼女は、分かっていて多くの人を殺してきたので、スルーと言うのもどうなのかしらと思っていたので、仕方がない部分なのでしょうか。

そう言えば北川景子が、驚くようなチョイ役で出ています。なんでこんなに働くのだと、ちょっとそこにも気を取られてしまったのでした。


《1月の映画は、映画館で見たものが2本。テレビやPCで見たものが8本で全部で10作品を見ました。》


tag : 邦画 2021年に見た映画 ホラー 1月に見た映画

line

「また、あなたとブッククラブで」

また、あなたとブッククラブで

《映画館で見た映画の感想。『森の中の1本の木』にも同記事が載っています。》

1月22日、お友達とご一緒に見てまいりました。

これが、2021年に一番最初に映画館で観た作品になりました。

キャストが、ダイアン・キートン、ジェーン・フォンダ、キャンデス・バーゲン、

メアリー・スティーンバージェン。

1946,1937,1946,1953。

これは何の数字かと言えば、まあ、彼女たちの生誕の西暦でありまして、思わず「やすらぎの郷」かと、心の中でツッコミを入れてしまいました。

そう言いましても、彼女たちは、私が青い春と言う時代を過ごしていた頃、映画界で旗を振っていた人たちで、憧れの人たちでもあったのです。

その人たちの映画とあっては、何気に心ときめかせ、この作品をチョイスしました。

だけどこの日、いつものように深夜族。寝る時に、時計を見ながら今日は映画に行くのに大丈夫かしらとは思いました。でも映画が面白かったら大丈夫よと、いつものお気楽な私が言いました。

こんな事を書くと、次に言う事が簡単に予想が付くかと思います。

早くも「一戦一敗」になってしまうのかと思ってしまいました。

「敗」と言うのは、いわゆる寝落ちです。

お友達はすべてがツボにはまり、楽しくて面白くて素敵な映画だったと言いました。

何の反論もありません。私もそう思います。

ただこの人たち(ヒロインたち)、「ブッククラブ」、つまり長年続けてきた「読書会」と言う、なんて言ういうか、知的な香りのする集会で、話していることは、思春期の少年が3分に一度考えると言うアレの事ばかりです。

なんだか眠くなってきてしまって、筋を追いながら、時々うつらうつらとしてしまいました。ただ一敗目にはしたくないが一念で頑張っていたのですが、突然目が覚めました。

ヒロインのダイアン(ダイアン・キートン)が、知り合いになったパイロットの家に行って、自家用機に乗って空のデートをする辺りから。

 

これはある種の大人のおとぎ話だと気が付いたら、なかなか面白くなってきました。

夫を喪った普通の専業主婦が、娘に会いに行く飛行機の中で、隣に座ったのがパイロットの休暇中で、ナンパされて、家に行ってみたら、何かの特許料で広大な土地とゴージャスな家の持ち主で、飛行機デートをしたり、別に普通のおばさんにしか見えないヒロインを会った途端に「君は特別な人だから。」と言わしめる。

無いから。

そんな事は、普通。(笑)

キャンデス・バーゲンのシャロンのシーンなど、完全にコメディで、「ブッククラブ」と言うタイトルで、勝手に勘違いしていたジャンルを切り替えたら、俄然面白くなってきました。

「最後から二番目の恋」でセフレと言う言葉を知りましたが、そんな相手は居ても今まで独身で頑張って来て、ホテルオーナーまでなったビビアン(ジェーン・フォンダ)、夫とは離婚して、その彼には若い恋人が出来たことを苦々しく思っているシャロンは連邦判事。35年を経た結婚生活の危機に直面しているキャロル(メアリー・スティーンバージェン)はオーナーシェフ。

まるっきり見えてきませんでしたが、みんな今まで、メチャクチャ頑張ってきた過去があったのだと思います。

まるっきり感じる事が出来ませんでしたが、様々な本を読んで、皆で深く語り合って来たのに違いありません。

だから、第二の人生にも男性のパートナーがちゃんと現れて、また恋が出来る事が最高と言うような恋愛至上主義のような物語に、ちょっと、本音を言えば物足りなかったような気がします。

でもこれはおとぎ話。

だから「王子様が現れて、二人は幸せになりました。」×4

で、メデタシメデタシで良かったのかも知れませんね。

 

ただ、さりげなくぶち込まれたテーマはちゃんとあって、詳しくは書きませんが、長い夫婦の関係での、普通にぶつかるキャロルの問題。

また、本当に親想いで良い娘たちが出てくるのですが、母親を愛するあまり、必要以上に年寄り扱いにしてしまう問題。

本当に人生には、いろいろな問題があるよね。

 

と、まとめた後で、書くのもなんですが、とりあえず、彼女たちが活発な恋愛活動をするようになったのかと言うと、読んでいた本の影響みたいなんですね。

その本は「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」と言うもので、2014年に主婦が趣味でインターネットにアップした官能小説が評判を呼び、全世界でベストセラーになったものらしいです。と言っても、またも私はまったく知らず。



theme : 映画館で観た映画
genre : 映画

tag : 2021年に見た映画 1月に見た映画 映画館で観た映画 洋画

line
line

line
星が見える名言集100
line
エコライフ

powered by ブログパーツファクトリー
line
プロフィール

nanatakasou

Author:nanatakasou
kiriyです。
映画はジャンル問わずで大好きです♪
だけど、ブログはゆっくりマイペースで更新中。

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
FC2カウンター
line
sub_line